義父への父の日に添えるメッセージカードやメールの例文!まだ親しくない場合


父の日のメッセージカードって「どう書こう。。」と悩みます。

特に、お義父さんと親しくない場合、かなりきついです。

しかし、父の日は少しでも仲良くなり可愛がってもうら絶呼のチャンス!

そこで、メッセージカードやメールの書き方について見て行きましょう。

メッセージカード、メールをお義父さんへ書く場合の注意点

「おとうさん」と平仮名で書くこと

「お父さん」、「お義父さん」どちらも読み方は同じです。

しかし、漢字が与える印象が違います。

「お義父さん」ってよそよそしく、他人行儀な印象です。

と言って「お父さん」は、一般的に実父に使う言葉ですから抵抗があります。

そこで「おとうさん」と平仮名を使いましょう。

「お義父さん」に比べて、柔らかい印象もあり、違和感もありません。

宛名は夫婦連名で書くこと

連名にすることで「仲がいいんだな♪」とお義父さんも安心しますよ。

また、「旦那さんを立てる良いお嫁さん!」とあなたへの好感度もグーンとアップするでしょう。

父の日の前日、当日には届くように!

「父の日」を過ぎてからメッセージは、なんだか忘れられていたのかなという感じがします。

お義父さんにとっては、楽しみにされている方も多いです。

最低限の礼儀として父の日までに届けましょう。

近隣に住んでいる際には、手渡しが基本!

目と鼻の先に住んでいるのにメッセージカードを郵送したりメールを送るというのは、ルール違反です。

ちょっぴり苦手でも元気な顔を見せて手渡ししましょう。

メールは原則タブー


今はメール、LINEととっても便利な時代です。

しかし、父の日しかも親しくないお義父さんへメールは失礼になります。

手紙やメッセージカードで日頃の感謝の気持ちを伝えましょう。

手書きで書く

字の汚さって気になりますよね。

でも、そんなこと関係ありません。

心を込めて丁寧に書けば、丸文字だってへっちゃらです。

以上の6つのことに注意してお義父さんへ父の日のメッセージカードを作成しましょう。

スポンサーリンク

義父への父の日のメッセージカード例文

例文1

おとうさんへ

お元気でお過ごしでしょうか?

ご無沙汰してしまい申し訳ありません。

日頃の感謝の気持ちを込めてプレゼントを贈らせて頂きます。

なかなかお会いする機会がありませんが、お時間のある時に遊びにいらっしゃって下さいね。

その際には、みんなで観光でもしましょう。

これから暑さが厳しくなります。

お体に気を付けて下さい。

○○・○○(夫婦の名前)

例文2

おとうさんへ

いつも優しく私達を見守って下さってありがとうございます。

お酒が大好きなおとうさんのために美味しい焼酎を○○(旦那さんの名前)と選んでみました。

くれぐれも飲み過ぎには、気を付けて下さいね。

今後ともどうぞよろしく御願い致します。

○○・○○(夫婦の名前)

例文3

おとうさんへ

いつも温かく私達夫妻をサポートして下さってありがとうございます。

○○の時には、お世話になりました。

これからもよろしく御願い致します。

お仕事で大変でしょうけれどもお体に気を付けて下さいね。

○○・○○(夫婦の名前)

例文4

おとうさんへ

いつも気にかけて頂いてありがとうございます。

なかなかお話する機会がないので、お会いした時には皆さんで食事に行きましょう。

楽しみにしております。

熱中症には、くれぐれも気を付けて夏を乗り切って下さいね。

○○・○○(夫婦の名前)

例文5

おとうさんへ

いつも子供達を可愛がって下さってありがとうございます。

気持ちとして父の日のプレゼントを贈らせて頂きます。

お体に気を付けてお仕事頑張って下さい。

今後ともよろしく御願い致します。

○○・○○(夫婦の名前)

まとめ


例文として5つご紹介させて頂きました。

それ程、お義父さんと親しくない場合でも「社交辞令でも感謝の気持ちを伝える」「体調を気遣う」ことがポイントです。

メッセージカードでしたら書くことがない場合でも、手短かに済ませらますよ!