五月人形の処分方法!供養は必要?神社や自治体など引取り場所は?


お子さんが大きくなると五月人形を飾る機会もなくなります。

仕舞っておいてもスペースを取るので処分を考えている方も多いでしょう。

処分をする際に、「人形には、昔から魂が宿るから供養した方が良いのかな?」「自治体で費用を掛けずに引き取ってくれるところはないかな?」という部分で困ります。

そんな悩みを解決するために、五月人形の処分方法について詳しく説明させて頂きます。

五月人形の処分前に供養は必要なの?

供養するかどうかは、気持ちの問題です。

昔から供養しないと「祟りがある」なんて言われることもあります。

しかし、100人中100人が人形供養をしなかったために不幸が起きるなんて考えられません。

人それぞれの考え方の違いなので、必要と思ったら行うべきでしょう。

五月人形がどこで供養をしてもらえるの?

遺品整理業者に頼む

遺品と聞くと「ギョッ!」としますが、生前整理として不要な物を引き取ってくれます。

もちろん、提携している寺院でしっかりと供養まで行われ、自宅まで集配に来るのでとっても便利なサービスです。

生前・遺品整理ファンデックス

人形供養を行っている近くの神社・お寺に問い合わせる

各地域で人形供養を行っている場所もあります。

電話で直接問い合わせると良いでしょう。

郵送の人形供養サービス

「みんなのお炊き上げ」では、不要になった人形を郵送するだけでしっかりと供養してくれます。

神社やお寺に行く時間がない方におススメです。

みんなのお炊き上げ公式サイト

自治体で五月人形を処分してくれる所は?


ほとんどの自治体で粗大ゴミとして処分を受け付けています。

費用は、¥1,000ほどです。(各自治体により異なるのでお問い合わせ下さい。)

ゴミとして出す際には、可燃物・不可燃物を区分けしましょう。

スポンサーリンク

五月人形をリサイクルする

必要な方に譲るもしくは、格安で売るという方法もありです。

お人形もまた別の方に可愛がってもらえます。

リサイクルショップ・ヤフオクで販売する

リサイクルショップの場合は、取り扱っていない場所も持ち込む前に事前に電話で確認しましょう。

ネットで販売する際には、汚れや傷を丁寧にチェックして状態をきちんと記載して下さい。

そうすることで後々のトラブルを防止できます。

また、販売する時期も考慮しましょう。

お雛様が終わった頃には、サイトにアップするべきです。

メルカリ・地元タウン誌を利用する

お金はいらないから可愛がってくれる方に無料で譲りたいという方におすすめです。

状態の良し悪しもありますが、無料なので欲しい方も見つかりやすいでしょう。

福祉施設に寄付する

老人ホーム、児童施設に寄付するのも一つの手段です。

ただし、傷みがひどいものですと相手に迷惑を掛けてしまいます。

保存状態がよい時に、お近くの施設に問い合わせてみると良いです。

さらに、「はしもと人形店」でも寄付事業を行っています。

気になる方は、公式サイトでご確認下さい。

はしもと人形公式サイト

寄贈する(国際社会支援推進会ワールドギフト)

海外では、日本人形は貴重なものとして愛用されます。

特に、発展登場国の子供達には、五月人形やぬいぐるみは貴重品です。

そのようなことを事業としている団体もあります。

「国際社会支援推進会 ワールドギフト」も供養を終えた人形を発展途上国の子供に寄付しています。

費用は、サイズにより¥3,900〜¥4,900ほど掛かりますが、自宅まで集配してくれることを考えると便利です。

ワクチン募金(セカンドライフ)


不要になった人形を再利用することで、ワクチン募金もできます。

ゴミとして出しても誰の役にも立ちません!

寄付するだけで発展途上国の子供達の命を救えるなんて素敵です。

郵送料も最大¥1,980ほどで済みます。

以下のサイトから申し込めますので、利用されてみるとどうでしょう。

セカンドライフ公式サイト

まとめ

五月人形は、子供の成長を願って購入するものです。

それだけに、「今まで見守ってくれてありがとう♪」という感謝の気持ちをしっかりと込めて処分することをおススメします。

気持ち良くすっきりと後味が良い処分方法を選んで下さいね。