府中くらやみ祭り2018の交通規制は?通行止めや混雑状況・日程など!


大國魂神社の例大祭として行われる「府中くらやみ祭り」!

一週間に渡り開催され、いろいろなイベントが行われるので見所満載です。

「今年は、ぜひGWを利用して遊びに行ってみよう♪」というみなさんのために、日程及び交通規制などについてまとめてみました。

2018年「府中くらやみ祭り」日程とアクセス

  • 開催日程:2018年4月30日(月)〜5月6日(日)
  • 開催場所:大國魂神社、東京都府中市宮町3-1
数々のイベントが行われるのは、5月3日から5日にかけてです。

「府中くらやみ祭り」って?

東京都府中市にある大國魂神社の例大際として毎年開催されます。

ちなみに、例大際とは神社で一番の大切な神事です。

1,000年も前から続く歴史のあるお祭りです。

そうは言われてもピーンと来ませんね。

具体的には、大化の改心時代の歴史書にも記載されているそうです。

さらに、現在では東京都指定無形民族文化財に指定されています。

夜間を中心に神事を行っていたので「くらやみ祭り」という名称がつきました。

府中くらやみ祭りの2018年の交通規制は?

3日から5日にかけて交通規制になります。

残念ながら公式サイトで2018年度の詳細な情報は、まだ発表されておりません。

しかし、例年午後からは「旧甲州街道」への車の侵入を規制しているとのことです。

甲州街道は通行できますが、かなり渋滞します。

また、日時により細かく通行止めがあるので車で起こしの方は、事前にしっかりと公式サイトをチェックして下さい。

参考までに2017年の交通規制区間についてのサイトを掲載させて頂きます。

公式サイト

通行止めや渋滞を考えると公共交通機関を利用した方が、無難です。

新宿方面からですと京王線「府中駅」で下車後、徒歩で5分。

埼玉方面からはJR武蔵野線、神奈川からですとJR南武線を利用すると便利です。

いずれもJR府中本戦駅で下車後、徒歩5分なので駅からあっという間に着きます。

スポンサーリンク

府中くらやみ祭りの混雑状況


毎年期間中は、ご利益を得るために70万人もの人が来場します!

特にイベントが立て続けに行われる3日から5日に掛けてが混雑のピークです。

中でも5月5日、18時から行われる「神輿渡御(みこしとぎょ)」は最大の見所だけに大混雑が予想されます。

府中くらやみ祭りの見所!


くらやみ祭りを本格的に楽しめるのは、3日からです。

どのようなイベントが開催されるのか見て行きましょう。

【3日】競馬式(こまくらべ)20:00〜

鳥帽子と直垂を身に付けた騎手が、白馬にまたがって街中を颯爽と走り抜けます。

ただし、馬の足の速さを競う儀式ではありません。

馬の状態の良さをお披露目するためです。

【4日】日本一の大太鼓の打ち鳴らし 17:00~18:00

かけ声と共に鳴らされる太鼓の迫力が見事です。

24台の山車のお囃子 18:00~21:00

こちらもなんとも賑やか♪ひときわ華やかです!

【5日】神輿渡御(みこしとぎょ)18:00~21:00

花火の音と共に男衆が担いでいる8基の神輿が、勢いよくぶつかり合います。

太鼓の音色と混ざり合い迫力も満点!

まとめ

「府中くらやみ祭り」は、その名の通りほぼ夕方から夜間に掛けてイベントが開催されます。

お祭りというと日中の明るい時間帯に行われることがほとんどなので、貴重な体験です。

昼間は、ゆっくりと体を休めて午後からはぜひ「府中くらやみ祭り」を楽しんで下さいね。