広島フラワーフェスティバルよさこいの時間!場所取りが必要!穴場はどこ?


一日に50万人が来場する広島フラワーフェステバル!

2018年は5月3日、4日、5日の三日間に渡って開催されます。

期間中は、イベントが目白押しです。その中でも目玉は、華やかな「よさこい」!

ひとめ見ようと観光客や地元の方が、殺到します。

そこで、昨年までの情報を元に「よさこい」の開催時間・場所取り・ゆっくりと見られる穴場スポットをまとめてみました。

よさこいの開始時間

  • 開催日:2018年5月5日
  • 場所:平和大通りでパレードが行われます。カーネションステージでの審査により優勝チームが決定!
  • 時間:2018年のスタート時間は未定です。2016年、2017年は11:00からパレードがスタートしました。
パレード、ステージどちらか一方だけに参加するチームもあるとのことです。

そのような情報を耳にすると「どちらも見たい!」と思いますね!

広島フラワーフェスティバルよさこいでは場所取りは必要なの?


もちろん、必要です!

ただし、お花見の用のブルーシートを敷いて事前に場所を確保することはできません。

平和大通りで11:00からパレードが開催されるので遅くとも10:00までには、場所をゲットしましょう。

早い人ですと9:00からという方もいます。少しでも早く車道側に面した場所を取れるように出発して下さいね。

パレードを見ていると暑さや熱気でのどが乾きます。

「ちょっと冷たいお茶でも買って来よう!」と場所を離れてしまうとすぐに別の人に取られてしまいます。

戻った時には「あっ!」と気付いても手遅れです。パパがしっかりと場所を確保しつつ、ママが飲食物を調達するなどしましょう。

また、お子さんだけにするのは迷子の危険性もあります。必ず目を離さないよにしましょう。

小さい子の場合は、しっかりと手をつないで下さいね。

広島フラワーフェスティバルの穴場はどこ?

おススメの穴場は、スタート地点です。

屋台が集中する中心部分やステージの近くは、人が多いので避けましょう!

しかし、そうは言っても人気のあるイベントですからスタート地点も地元の人を中心にそれなりに混み合います。

こちらで鑑賞する場合にも早めに場所を確保した方がいいです。

スタート地点で最後のチームの演技を見届けたらぜひカーネションステージで行われるよさこいも見て下さいね。

屋台でしっかりお昼を購入して素早く移動しましょう!

スポンサーリンク

雨の日は広島フラワーフェスティバルはどうなる?

雨天決行です。

しかも、広島フラワーフェステバルは「雨の日が必ずある!」と嫌なジンクスもあります。

観光で広島を訪れている方は、折り畳み傘や雨カッパを準備しておきましょう。

ひどい雨でない限りカッパの方が、邪魔にならず移動しやいですよ!

また、雨が降ると気温も低いので寒さ対策も忘れないで下さい。

TV中継も!


子供が小さいからいけないという方もTV中継で楽しめます。

5日ですから子供の日のイベントと重なってしまう事も多いですね。

そんな時には、録画しておけば後日家でのんびりと見られます。

広島よさこいの見所

本場高知県や北海道に劣らないダイナミックなよさこいを楽しめます。

それもそのはず!全国から集まった100チームが、色とりどりの衣装で華麗な舞を披露するのです。

音楽にのり、一糸乱れずに舞う姿が、カッコいいと話題となっています。

園児、高齢者と世代を問わずに楽しそうに踊っている姿に元気づけられます!

衣装、道具、メークに花をあしらわないといけないのも広島フラワーフェステバルらしい演出です。

参加チームのごとに曲も異なるのでそちらを楽しみにされている方もいます。

まとめ

2018年の詳細は、公式サイトでまだ発表されていませんので詳細な情報に変更があるかもしれません。

お出かけの際には、事前に確認してから来場しましょう。

普段は味わえないダイナミックなイベントを楽しんで来て下さい。