端午の節句の飾り/五月人形はどちらの親が買う?兜やこいのぼりの相場も紹介

子供の成長を祈り、3月3日のおひな祭りに雛人形、5月5日の端午の節句には五月人形や鯉のぼりを贈る習慣が昔からあります。

しかし、この節句の贈り物は誰が用意するものなのでしょうか?

そして、いつごろまでに買ってあげれば良いのでしょうか?

もうすぐ端午の節句がやってきますが、初めての場合、分からないことも多いと思います。

そこで今回はこれらの質問に答え、五月人形や鯉のぼりの相場についても紹介します。

五月人形はどちらの親が買うの?


端午の節句の飾りを誰が買うかで意外ともめてしまう家庭も多いようですが、習慣としては母方の両親が購入するもののようです。

雛人形は全国統一して母方の両親が購入するとされていますが、五月人形は地域によって違いがあります。

北海道と関東では父方の両親、関西では母方の両親が多いようです。

同じ地域出身同士での結婚の場合、さほど問題は起こりませんが、出身地域が違うともめる原因になってしまうことがあるので、ちゃんと話し合いをしましょう。

どちらの両親も「孫のためにお祝いしてあげたい」という気持ちが強く、もめてしまう場合は、片方の両親に五月人形、もう片方の両親に鯉のぼりを分けて買ってもらうのも良いのではないでしょうか。

また、最近では子供の両親が買って、折半をお願いする家庭も増えているようです。

五月人形を買う時期

初めての端午の節句、五月人形や鯉のぼりはいつ頃までに用意するべきなのでしょうか?

五月人形や兜などの「内飾り」を飾る時期は一般的に春分の日(3月21日)頃から、鯉のぼりのような「外飾り」は4月上旬といわれていることを考えると、2月の中旬か、遅くても3月の上旬には購入しておいたほうが良いでしょう。

五月人形はひな祭りが終わった頃から店頭に並び始め、人気のある商品はすぐ売れてしまいます。

名前を入れたい場合などは時間がかかることも考えられるので、できるだけ早めにチェックしておくことをおすすめします。

五月人形の兜や鎧の相場


五月人形にはいろいろな種類があります。

同じような商品でも、製作者や素材などによって値段がずいぶん違ってきます。

値段だけでなく、飾る場所などもしっかり考えて購入しましょう。

兜飾り

五月人形の中で一番ポピュラーなのは兜が主役の「兜飾り」で種類も豊富です。

もともと五月人形は兜と鎧でしたが、簡略されて兜だけになりました。

兜飾りにも「ケース飾り」「収納飾り」「平台飾り」など種類があります。

相場は¥50,000~¥600,000くらいですが、人気があるのは¥80,000~¥150,000前後のものです。

鎧飾り

兜と鎧、甲冑の一式がそろった飾りです。

兜と違い全身装備なので大型のものが多く、昔のような大きな家ではこの兜飾りがよく飾られたようです。

飾りが大きく豪華な分、兜飾りより値段は高めになります。

相場は¥80,000~¥1,000,000程度、よく売れているのは¥150,000~¥300,000くらいのものです。

武者人形

武者人形は人形が鎧兜をつけたもので、江戸時代に派生した五月人形の一つです。

子供の身代わりとなって災いから守ってくれるといわれている「金太郎」「桃太郎」「牛若丸」などの童人形も武者人形に含まれます。

童人形は兜や鎧の横に飾ります。

武者人形の相場は¥60,000~¥400,000前後で、¥400,000程度のものが一番売れているようです。

スポンサーリンク

鯉のぼりの相場


鯉のぼりにも10メートルもの長さの屋外用のものから室内にも飾れる小さなものまで、いろんな種類、大きさがあります。

装飾やサイズ、素材などで値段も異なります。

家の大きさと価格のバランスを考えて購入することをおすすめします。

室内用

室内に飾れる、1メートル以内の小さめの鯉のぼり。

たんすの上などにちょこっと置けるかわいらしいものやつるすタイプのものなどがあります。

相場は¥3,000~¥100,000程度で、¥10,000~¥30,000前後のものが人気です。

ベランダ用

アパートに住んでいる方におすすめなのが、長さ1メートルから2メートルほどのベランダ用の鯉のぼりです。

ナイロン製の安めのものから金昇竜が描かれた吹流しがあるものまで、様々な鯉のぼりがあります。

相場は¥10,000~¥100,000くらいで、一番売れているのは¥30,000前後のものです。

屋外用スタンドタイプ

どこでも設置ができるポールスタンドつきの鯉のぼり。

家紋や子供の名前を入れることができるものもあります。

1.5メートルから5メートルくらいの大きさで、相場は¥20,000~¥200,000前後。

一番人気は¥50,000程度のものです。

屋外用ポールタイプ

一番大きいのがくい打ちをしてポールを設置するタイプの鯉のぼり。

1.5メートルほどの小さめのものから10メートルもの長さのものまで、大きさは様々です。

大きく豪華な分だけ値段は高くなり、¥20,000~¥1,000,000を超えるものまでありますが、¥100,000前後のものが一番人気です。

まとめ


五月人形を誰が買うかの習慣は地域によって違いますが、最近ではこのようなしきたりに囚われず購入する家庭も増えています。

後で問題にならないように、しっかりと話し合ってから購入するようにしてくださいね。

五月人形も鯉のぼりも相場はものによって大きく異なります。

安い買い物ではないので、失敗がないように信頼できるお店で購入しましょう。