端午の節句の飾りはいつからいつまで飾る?どこに飾る?兜の飾り方なども紹介!

5月5日の端午の節句、男のお子さんがいるご家庭では鯉のぼりや五月人形といったものを飾られる方も多いと思います。

これらの端午の節句の飾りに飾る時期や場所に決まりはあるのでしょうか?

そこで今回は、鯉のぼりや五月人形はいつからいつまで飾るのか、どこに飾ればいいかについて調べてみました。

その他にも端午の節句の飾りについてご紹介します。

端午の節句の飾りはいつから出すの?

端午の節句の飾りをいつからいつまで飾るのか?

飾る時期について特に決まりはないようですが、出す時期についてはいくつかの説があります。

春分の日(3月21日)を過ぎたら飾る

この時期に飾る方が晩田一番多いようです。

節目である端午の節句の飾りは、その前の節目である春分が終わったら飾るという説。

女のお子さんがいる家庭では、雛人形も片付いてひと段落する時期なのでちょうど良いですね。

また、縁起を担ぐために大安の日に飾り始めるという方もいらっしゃるようです。

できるだけ早く飾る

地域によっては早ければ早いほうが良いという説もあります。

「先手必勝」という意味があり、武将との関連性があるようです。

 端午の節句の一週間前に飾る

5月5日の約一週間前、4月末くらいに飾るという説もあります。

しかし、これだと一週間しかないので飾ったと思ったらすぐしまわなければならなくなり、少し忙しいかもしれません。

4月の初旬から中旬までに飾るというのが平均的のようです。

あなたの都合に合わせて飾っていただいて問題ありません。

3月下旬に飾れば少し長く飾れますね。

端午の節句の飾りはいつまで?しまう時期について

端午の節句に飾りは5月5日を過ぎてしまえばあまり意味のないものという考え方がありますので、端午の節句が過ぎたらすぐにしまっても大丈夫です。

しかし、雛人形のように「嫁に行き遅れる」という言い伝えもないので、あわてる必要はありません。

遅くても5月下旬頃までに片付ければOKです。

これも、縁起を担いで大安か友引を選んで片付ける方もいるようです。

天気が良く乾燥している日に湿気を取り除いてからしまうようにしましょう。

端午の節句の飾りを飾る場所

五月人形

男の子の誕生を祝い、降りかかる災の身代わりになってくれると考えられている五月人形なので、家の中で格式の高い場所である床の間に飾るのが良いとされていました。

しかし、近年では床の間のない家も多く、そんな場合は好きな場所に飾って大丈夫です。

五月人形が痛まないように、玄関のような湿気の多い場所や直射日光が当たる場所は避けるようにしましょう。

方角に特に決まりはないようですが、北向きは避けたほうが良いみたいです。

鯉のぼり

鯉のぼりに関しても飾る場所や方角に特に決まりはありませんが、「外に飾る」ということが基本になります。

神様に気づいてもらい、男の子の「無難・無災・出世」を願う鯉のぼりなので、晴れの空を川に見立てて鯉を泳がせましょう。

端午の節句の飾りは何歳まで飾るの?

これもいつまでという決りはありません。

昔は、「元服(15歳~17歳)を迎えると大人になるので子供の成長を願って飾る兜や鯉のぼりはふさわしくない」という風習があったようです。

現在では特に決まりはありませんが、小学生から中学生くらいまで、という家庭が一番多いみたいです。

スポンサーリンク

兜の飾り方


五月人形には大きく分けて「平飾り」「三段飾り」「ケース飾り」の3つがあります。

「ケース飾り」なら箱から出して置くだけで良いですが、「平飾り」と「三段飾り」の場合は飾り方が分からない方も多いのではないでしょうか。

平飾り

  1. 飾り台をセットする。
  2.  飾り台の上に屏風を飾る。
  3. 左側に弓、右側に太刀(刀の柄が下になるように)を飾る。
  4. 櫃(ひつ・兜が入っていた箱)の上に芯木をおく。
  5. 芯木の上に袱紗(紫の布)をかける。
  6. 兜を袱紗の上に置く。

三段飾り

  1. 飾り台をセットする。
  2. 飾り台の一番上の段に屏風を飾る。
  3. 左側に弓、右側に太刀(刀の柄が下になるように)を飾る。
  4. 櫃(ひつ・兜が入っていた箱)の上に芯木をおく。
  5. 芯木の上に袱紗(紫の布)をかける。
  6.  兜を袱紗の上に置く。
  7. 櫃を両手で持ち、屏風の前に兜を置く。
  8. 2段目の左右に鯉のぼりなどの飾り、中心に太鼓、向かって左側に陣笠、右側に扇子を飾る。
  9. 3段目の左右に篝火、真ん中に八足台を飾る。
お供えの柏餅は左側に、ちまきは右側に備えます。

刀と弓の意味

「刀」は昔から魂が宿るといわれている「三種の神器」の一つで、宮廷の神事に使われてきたものです。

そのことから、「刀に宿った魂が男の子を守り、繁栄をもたらす」という意味があります。

また「弓」には、魔よけの意味があります。

ただ戦で使う武器というだけでなく、「男の子が病気や災難に合わないように」というお守りの意味があるのです。

五月人形の上手なしまい方とお手入れ方法

五月人形は高級品です。痛まないように細心の注意を払って片付けましょう。

特に気を付けたいのが収納する場所で、直射日光が当たらず湿気の少ない場所を選んでください。

先ほども少し触れたように、天気が良く乾燥した日を選んでしまうことも大切です。

それでは、お手入れ方法を詳しく見て行きましょう。

  • 顔のほこりを取る
    顔のほこりをティッシュや綿棒を使って取り除きます。兜をつけている場合は、兜を外し乾いたやわらかい布でやさしくほこりを取ってあげましょう。
  • 面紙を巻く
    面紙は、人形の顔を守る紙のことです。ティッシュか和紙を人形の顔幅に合わせて切って巻きつけ、セロテープでとめましょう。
  • 衣装のほこりを取る
    専用の毛ばたきを使い、そっとなでるようにして衣装のほこりを取り除きます。
  • 箱にしまう
    最後に、五月人形が湿気ていないか、カビや虫食いにあっていないかを確認した上で、専用の箱にしまいましょう。
まとめ

いかがでしたでしょうか?端午の節句の飾りを飾る時期や場所、飾り方や片付け方をご紹介しました。

一般的には特に決まりはないようですが、地域や家庭によっては伝統やしきたりがあることもありますので、ご両親などに事前に確認しておくと良いでしょう。

それでは、素敵な端午の節句をお過ごしください。