赤ちゃんが日焼け止めを嫌がる場合の正しい塗り方!日焼け止めの種類など

紫外線が強くなるこれからの季節!赤ちゃんもしっかりと日焼け止めを塗ってお出かけしないといけません。

しかし、嫌がって泣いてしまうことも!

お出かけの度にそんな状態では、ママも疲れてしまいます。そこで、正しく楽に塗るコツや日焼け止めの種類について見て行きましょう。

日焼け止めにベビー用UVグッズを使う前に!

ベビー用と記載されていても、どの赤ちゃんにも合う訳ではありません。

湿疹やかゆみなどのトラブルを招くこともあるので、使う前に手に少しだけ塗って何も起こらないことを確認しましょう。

さらに、新生児の子に使うのはできるだけ控えた方が無難です。

そう考えると、3ヶ月くらい目から使いましょう。

赤ちゃんの日焼け止めの正しい塗り方は?


クリームタイプは、パール粒ほどの量を。ローション状のものは、1円玉ほどの量を使います。

赤ちゃんだから顔には、使わない方がいいかな?と思われている新米ママさんもいます。

ベビカーや抱っこをしてる時に一番紫外線を浴びる部分は、顔ですし面積的にも手足に比べて広いです。

アスファルトからの照り返しも気になります。ですから顔にもしっかりと日焼け止めを使いましょう。

額・鼻の頭・頬・あごに少しおき、塗り広げていきます。首も日焼けしやすいのでしっかりと塗りましょう。

腕・足は、適量を取り優しく表裏と日焼け止めを広げます。手のひらも忘れないように!

赤ちゃんは、動きも激しく、汗っかきなので2〜3時間おきに塗ります。その際には、汗をしっかりと拭き取ってからにしましょう。

外出し終えた後には、ベビー石けんでしっかりと落としてあげて下さい。

それでなくても皮脂の分泌が多い時期ですからケアーをきちんとしないといけません。

赤ちゃんはどうして日焼け止めをイヤがるの?


  • ベトベトして不快だから!
  • 赤ちゃんが嫌いなニオイがするため
  • ヒリヒリなどの不快感がする
  • 塗るのに時間がかかる
ということが考えられます。

確かに、大人でも「この日焼け止めは、ちょっと合わないかな…。」ということがあるのですから赤ちゃんだって同じです。

まして、遊んだり寝ている時に日焼け止めを塗るために邪魔されたり、手間取ってしまっては不機嫌度もアップします!

そこで、どのような塗り方をすると良いのか見て行きましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんを泣かせずに日焼け止めを塗るコツは?

  1. ノビが良いタイプを選ぶこと
    さっと塗れないので時間も掛かります。ご機嫌がいい時にささっと終わらせるためにも「ノビやすい日焼け止め」を選びましょう。
  2. ゴシゴシとこすらない、優しく!
    「しっかり塗らないと!」と思って強くこすってしまうママもいます。赤ちゃんの肌は、大人よりも皮膚が弱く薄いので痛みの原因に…。軽くソフトにさすって塗りましょう。
  3. 寝ている隙に!
    ぐっすりと熟睡している時は、チャンスです。起こさないように優しく塗りましょう。
  4. 自分も一緒に塗って「大丈夫だよ!」と安心させる
    ママも外出する際には、日焼け止めは必需品です。月数が大きくなり物心が付いて来た赤ちゃんの場合には、ママも目の前で塗って見せ、「ママも使うから○○ちゃんも一緒にヌリヌリしようね〜♪」とごまかすといいです。
次にベビー用の日焼け止めの種類について見て行きましょう。

赤ちゃんの日焼け止めの種類は?

赤ちゃんには、

  • SPF15〜20
  • PA++
  • 紫外線吸収剤が入っていないノンケミカルタイプ
を選びましょう。

大人と同じ物は、赤ちゃんの肌には負荷が掛かり過ぎるのでNGです!

具体的には、以下のような商品があります。

アロベビー日焼け止め

  • ベビー雑誌で話題となっている商品
  • 新生児から使える
  • 100%天然素材のオーガニックUVクリーム(無添加・無香料・無着色)
  • 安心の国産製品

ビジョンUVベビーウォーターミルク

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピジョン UVベビーウォーターミルク SPF15/PA++ 60g
価格:574円(税込、送料別) (2018/3/1時点)

  • 定価格なので毎日使う方におススメ
  • さらっとしており伸びやすい乳液タイプ
  • 石けんで簡単に落とせる

ジョンソンベビーUVローション

  • 肌の弱い大人の方の愛用者も多い商品
  • ちょっとした短時間の外出におススメ
ベビー用も大人とほぼ同じく「クリーム・乳液・ローション」の3種類のタイプが販売されています。

用途や使いやすさに合わせて選びましょう。

⇒ジョンソンベビーUVローション

さらに、ベビーカーの日除けカバーを利用したり、帽子をかぶらせることで紫外線対策もバッチリ!

まとめ

紫外線が怖いからとお家にこもってばかりでは、赤ちゃんの体に良くありません。

対策グッズをうまく使って親子でお出かけを楽しんで下さいね。

その際には、赤ちゃんのためにできるだけ日陰を選んで歩いてあげましょう。