バーベキューに赤ちゃんはいつからOK?服装や持ち物など注意点も紹介

バーキューシーズンに悩むのが、赤ちゃんを一緒に連れて行って大丈夫かなということです。

気温も暑くなるだけに…やはり不安という親御さんも少なくありません。

そこで、バーベキューに赤ちゃんをいつ頃から連れて行けるのかということについて見て行きましょう。

赤ちゃんのバーベキューデビューはいつから?

当然ですが、新生児や首が据わっていないお子さんを連れて行くのは、控えましょう。

抵抗力、体力もまだないので体調を崩す原因となります。

そうかと言って、いつからなら連れて行けるという判断基準もありません。

ずっとベビーカーやテントに寝せられているのも可哀想です。

せめてお座りができるようになってから、理想としてはチョコチョコと歩けるようになってからがいいでしょう。

赤ちゃん連れのBBQは周りへの配慮も大切!

赤ちゃん連れだからお手伝いできないと周りに甘えるのは、NGです。

「だったら連れて来ないでよ…。」と思われてしまう時もあります。

ママは赤ちゃんから目を離せないので、その部分パパが頑張りましょう。

事前に仲間達に「赤ちゃん連れなのでよろしく御願いします。」と伝えておくと良いです。

周りに配慮したきちんとした行動を行えば、迷惑を掛ける心配もありません。

赤ちゃんをバーベキューに連れて行く時に気をつけること

  1. 暑さ対策をしっかりと!
    バーベキューシーズンは、気温も高く紫外線もきついです。大人に比べて赤ちゃんは、体温が高いので便利グッズを使ってしっかりと対策をしましょう。
  2. こまめな水分補給を!
    脱水になってしまうととても危険です。ミルク以外にも冷たいジュースや白湯を定期的に与えるようにして下さい。
  3. 目を離さない!
    赤ちゃんに限らず、小さなお子さんを連れて行く際には、目を決して離してはいけません。子供って大人が考えもしないようなガサやぶに入ってしまうこともあります。川原でバーベキューを行う際には、水の中に入りたがるものです。まだ、「ハイハイだから大丈夫」とか「しっかり歩けないからさほど遠くまで行けない。」からと安心してはいけません。
  4. 当日、赤ちゃんの体調が悪い時には外出させない!
    体調が思わしくないのに無理矢理連れて行くのは、絶対に避けましょう。体力が弱っているお子さんを暑いバーベキュー会場に連れて行くなんて可哀想です。
  5. 何時間も赤ちゃんを自分たちのペースに巻き込まない!
    準備、食事、片付けとバーバキューって時間が掛かるレジャーです。時には、移動時間も含めて5、6時間なんてこともざらではありません。赤ちゃんにとっては、大迷惑にしか過ぎません。できるなら先に帰宅させてもらいましょう。
  6. 他人に赤ちゃんの世話をまかせない!
    自分のお子さんですからご両親で面倒を見るべきです。また、何か事故が合った時に「自分がいれば…」ということになってしまいます。任された方も大変なのでやめましょう!
  7. 赤ちゃんに煙が当たらないように気をつける!
    大人であってもバーベキューの煙で喉や目に痛みを感じます。赤ちゃんも同じです。
    言葉で不快さを伝えられないので風向きに応じて、赤ちゃんの場所を変えてあげましょう。

バーベキューの時の赤ちゃんの服装は?

基本的に、熱がこもらない涼しい格好をさせてあげましょう。

半袖Tに半パンと軽装で大丈夫ですが、紫外線と虫除け対策をして下さいね。

また、帽子も必須です。

  1. 紫外線対策
    肌の弱い赤ちゃんに使えるUVグッズが、ドラッグストアで販売されています。しかし、商品の中には自分のお子さんに合わないものもあるでしょう。事前に一度塗ってみて湿疹などが出ないことを確認してから使って下さい。
  2. 虫除け対策
    赤ちゃんにも使える虫除けスプレーはもちろん、洋服やベビカーに貼るタイプの虫除けグッズを使うと便利です。虫除けスプレーは汗をかくと効果が急激に低下するので注意しましょう。
スポンサーリンク

バーベキューに持って行く赤ちゃんグッズ

  1. 着替えの衣類を多めに!
    赤ちゃんは汗かきですし、汚すことも考えると多めに持って行くにこしたことは
    ありません。
  2. アイスノン・ベビーカー用保冷シート
    暑い時期にこれらのグッズを有効に活用して赤ちゃんの体温が上昇するのを防ぎましょう。
  3. バスタオルやタオル
    バスタオルは、赤ちゃんの掛け布団や敷き布団にもなるので便利です。
    また、授乳をする時の目隠しとしても持っていて損はありません。
  4. うちわ・携帯用扇風機
  5. パラソル・テント
    持って行くのに荷物になりますが、紫外線対策のための必須アイテムです。
  6. 保険証・母子手帳
    出先で突然体調が悪くなり、病院ということもあるので必ず携帯しておきましょう。
  7. ウエットティッシュ
    おむつ交換をした後や、食事をあげる時に必要です。
  8. おむつ・おむつカバー
  9. おもちゃ
    退屈させないように普段遊んでいるお気に入りグッズを持参しましょう
  10. ミルクセット・食事・おやつ
  11. 飲み物
    白湯、冷たいジュースなどを持って行きましょう。白湯があるとミルクも作れて便利です。

まとめ

赤ちゃん連れでバーベキューに参加と考えると、大変なイメージがあります。

しかし、せっかく家族で遊びに行くチャンスです。

準備をしっかりとし、さらにお友達に根回しをしておくと予想外に楽なこともあります。

ぜひ、親子で楽しんで来てくださいね。