熱海梅園の2018梅まつりの期間や混雑状況は?アクセスや駐車場も紹介

日本の春といえば桜ですが、梅もまた早春を告げる花です。

静岡県にある熱海梅園では梅の花がどこよりも早く開花すると言われています。

そんな熱海梅園では毎年「梅まつり」が開催され、美しく咲いた梅の花を楽しむことができます。

今年でなんと74回目の開催という歴史のあるお祭りで、59種類472本もの梅を観賞することができます。

それでは、2018年熱海梅園梅まつりの詳細を紹介しましょう。

2018年熱海梅園の梅まつりの日程

今年の梅まつりは、1月6日(土曜日)~3月4日(日曜日)まで開催されています。

約2ヶ月という長い期間ですが、早咲き・中咲き・遅咲きと実記によって色々な梅の花を見ることができるので、期間中はいつ行っても楽しむことができます。

熱海梅園の梅まつりの混雑状況

同時期の1月20日(土曜日)~2月11日(日曜日)まで、熱海梅園の付近で「あたみ桜・糸川桜まつり」が開催されています。

梅と桜が一緒に見られるということで来場者が増えることが予想されます。

熱海と言えば温泉ですよね。温泉地の近くということもあり、宿泊客の多い週末は混雑するでしょう。

梅園は広いので、少しくらい混雑していても比較的ゆったりと楽しむことができるので安心してください。

熱海梅園の詳細情報

  • 所在地:静岡県熱海市梅円町8-11
  • 入園料:300円(中学生以上)/100円(熱海市民・熱海市内宿泊者)/200円(団体11名~)
  • お問い合わせ:0557-85-2222(熱海市観光協会)/0557-86-6211(熱海市都市整備課公園緑地室)
入園料がかかるのは梅まつりの期間中の8時30分~16時までです。

熱海市民の方は住所が分かるものを、宿泊客の方は宿泊先が分かるもの(領収書・予約表など)を提示する必要があります。

8時30分より前と16時以降は無料で入園できますが、ライトアップはありません。

熱海梅園へのアクセス方法

電車でのアクセス

「JR熱海駅」より伊東線利用約3分、「JR来宮駅」下車、徒歩10分。

バスでのアクセス

「JR熱海駅」より相の原団地行き利用約15分、梅園下車。

車でのアクセスと駐車場情報

東名高速「厚木IC」から過去同135号経由で約1時間(60km)。

梅まつりの期間中は梅園前に有料駐車場(普通車600円)が設けられますが、100台しか停められませんので公共交通機関を利用することをおすすめします。

梅の開花時期と見頃

この記事の最初にも触れましたが、熱海梅園には59種類もの梅があります。

時期によって早咲き・中咲き・遅咲きと、咲く梅の品種が違うので期間中はいつでもお花見を楽しむことができます。

早咲き・中咲き・遅咲きの一致する時期を考えると、一番の見頃は2月の中旬から下旬になるでしょう。

  • 早咲きの梅(1月中旬~2月中旬)
    冬至梅・八重寒紅・八重野梅・鹿児島紅・玉牡丹など、全19品種
  • 中咲きの梅(1月下旬~3月上旬)
    小梅系・長束・大盃・鶯宿・青軸など、全21品種
  • 遅咲きの梅(2月中旬~3月上旬)
    白加賀・紅千鳥・思いのまま・乱雪・月影など、全19品種
スポンサーリンク

今年の開花状況

今年は寒い日が続いていて開花が遅れる可能性も考えられますので、最新の開花状況は熱海市観光協会のホームページを参考にしましょう。

2月1日現在の開花状況は下記の通りです。

  • 全体(59品種/472本):344本開花(1.79分咲き)
  • 早咲き(271本):258本開花(2.83分咲き)
  • 中咲き(104本):70本開花(0.66分咲き)
  • 遅咲き(97本):16本開花(0.08分咲き)

絶景ポイント

園内にはいくつかの絶景ポイントがあります。

とても広い園内なので、これから紹介する絶景ポイントをチェックしてからお出かけしましょう。

正面入り口

石碑を囲むように一対の紅梅と白梅がとても美しく、絵に描いたような景色です。

早い時期から咲いています。

メジロ

熱海梅園の梅は日本一の早咲きと言われています。

早い時期なので他に花が少なく、メジロがたくさん集まってきて、1本の木に何羽もとまっている様子を見ることができます。

是非探してみてください。

梅と水仙

園内のいくつかの場所には他の花も咲いています。

この季節は黄色い水仙がとてもきれいに咲いていて、梅の紅白と水仙の黄色と緑が見るものを魅了します。

 香浮橋

梅園の奥にある橋でその周辺に集中して梅の木があります。

間違いなく、熱海梅園一番の見所です。

澤田政廣記念美術館周辺から香浮橋と紅白の梅が一望できます。

この場所は梅園の最も奥にあり見つけにくいので事前にマップなどでチェックしておきましょう。

また、写真を撮るならこの香浮橋から上流を見たアングルがとてもきれいです。

足湯がある丘の斜面に紅白の梅が咲き乱れる様子を是非写真に収めてみてください。

開催イベント

梅まつり期間中の週末・祝日には熱海芸姑連演芸会による踊りの披露や落語会などのイベントも開催されています。

温かい甘酒の無料配布もあり、まだ寒い時期にはとても嬉しいサービスです。

また、梅園の奥には足湯を楽しむことができる場所もあります。

熱海と言えばやっぱり温泉ですよね。

足湯で体もホカホカ、広い庭園を散歩した後の疲れた足を癒してくれるでしょう。

まとめ

熱海梅園の梅まつりはなんと犬も入れるんです。

犬も家族の一員、一緒に連れて行きたいけどなかなか連れて行ける場所がないのが現状です。

今年は是非家族みんなで熱海梅園に行ってみてはいかがでしょうか?

ワンちゃんも大喜び間違いなしです!

もちろんデートにもおすすめ。

時期的にはまだ寒いので防寒対策を忘れずに。