お義母さんへの母の日プレゼントをやめたい!いつまで続けるの?急にやめてもいい?

「少しでも良好な関係を築けたらいいなぁ♪」と思ってお姑さんに贈っていた母の日のプレゼント!

しかし、子供の教育費や住宅ローンとなると出費も痛手です。

また、さほど関係が良くないのにわざわざ選びに行くのも面倒!

今年こそは、なんとか母の日のプレゼントをやめようと考えている方もいるでしょう。

そこで、「途中で突然プレゼントを贈るののをやめても角が立たないかどうか?」について、いろいろなケースから見て行きましょう!

お義母さんへの母の日のプレゼントは突然やめても大丈夫?いつまで続ける?

関係がイマイチな時

実は、私は途中できっぱりとやめてしまいました。

というのもお姑さんとの関係が、悪化してしまったためです。

それまでは、母の日の時期になると似合いそうなバッグやスカーフを選びにわざわざ出掛けていました。

経験者は語るになってしまいますが…。

もはや仲良くできない状況でしたら「スパッ!」とやめた方がいいです。

選ぶあなたにとっても苦痛です。

逆に、そのような気持ちでプレゼントされたものを頂いても喜んではもらえません。

そうは言っても「義理のお母様」だからと思わる方は、旦那さんがプレゼントするという形を取ると良いと思います。

お嫁さんがプレゼントするよりも実の息子さんからの方が喜ばれるお義母様って多いです。

しかし、適度に仲の良い関係の時には難しいですよね!

そのような時には、どうしたら良いのか見て行きましょう。

関係が良好なケース

喜んで頂けるならと続ける

今後も今と同じ関係を続けたいのであれば、引き続きプレゼントをされた方が良いです。

もしあなたがお姑さんの立場だった時を考えて下さい。

毎年、母の日にプレゼントをされていたのに突然プツリとなくなってしまったらどういう気持ちでしょう。

「私、お嫁さんの気に触ることしたかしら?」「何かお金に困ることでもあるのかな?」と心配になってしまいます。

何も高額なプレゼントをする必要はない訳ですから、2〜3千円の範囲内でお菓子やお花を選んであげると良いですよ!

ちょっとした贈り物で、「ウチの息子の嫁は、今時いないくらいいい子なのよ!」と言われている方が断然いいです。

しかし、「もう面倒だから…どうしてもやめたい!」という方もいるでしょう。

次に見て行きましょう。

スポンサーリンク

関係は良いけれどもやめる時には!

当然ですが、何も言わずにやめるのだけは避けましょう!

前述しましたように「どうしたのかな?」と相手を不安にさせてしまいます。

「子供達の教育費が色々と掛かって大変なので今年からプレゼントは、なしにしますね。」

「子供があれこれ習いたいと言っていて、そちらにお金が掛かってしまって…。」

と子供を口実にするのが、一番無難でしょう。

お子さんがいない方は、「最近、仕事が忙しくてプレゼントを購入している時間がなくて申し訳ありません。」と言うのが、ベストでしょう。

しかし、お義母様は、実の母とは違います。

さり気なく気配りをすることも忘れずにしましょう!

例えば、

  • 「お義母様も毎日お疲れでしょう。遊びに行った時には、日頃できない換気扇のお掃除をさせて頂きますね。」
  • 「プレゼントの代わりに皆でお食事でもしましょう。」
とさり気なく寄り添う気持ちも大切です。

また、このように言われて「嫌だな…。」と思われる方ってほぼいません。

心の中では「プレゼントをやめても付き合わないといけない。」と思うかもしれません。

しかし、「ひと時の我慢!」と割り切りましょう。

何事も敵を持たずにうまく丸めておくことが、大切だからです。

まとめ

お姑さんとの関係は、同じ女性同士ということでなかなか難しいものです。

そうは言ってもこれも「縁」!

できるならプレゼントを続ける、もしくは食事に誘って無難に付き合って行きましょう。