バーベキュー後の炭の消火と処分・廃棄方法!保管して再利用する場合は?

バーベキューをした後に困るのが、炭の処分!

日頃使わない炭だけに「消し方や捨て方」を分からない方が、多いです。

最近では、まだ熱い炭を砂浜に埋めて帰宅してしまう人も多く問題となっています。

環境のため、そして次にその場所を使う人達のためにしっかりとマナーを知らないといけませんね!

そこで、「炭の処理方法や再利用の仕方について」まとめさせて頂きました。

炭を消化する際に絶対にやってはいけないこと!

  1. コンロに直接水をかける
    熱い蒸気が立ちこめ、自分に跳ね返って来る事もあり火傷の危険性も!一度加熱されてしまった炭は、水をかけたくらいでは完全に消火できません。
  2. 土に埋める
    火種が完全に消えていないと家事を起こしてしまうこともあります。 山火事という最悪なケースを起こすだけに絶対にやめましょう!炭は、木材と異なり自然界で分解されることがまずありません。 環境汚染につながってしまいます。海辺の砂浜に火種がある炭を埋めて行くと他の方達が火傷をすることも!
炭の処理は、トラブルを防止するためにもしっかりと各自で行わないといけません。

そこで、正しい炭の消火方法について次に見て行きましょう!

バーベキュー後の炭の消火方法

2つの方法があります。

  1. 水を入れたバケツの中に一本ずつ入れていく
    ただし、すぐに火種は消えません。「入れました→出しました」という行為は、危険です。炭の芯まですっかりと冷めてから持ち帰りましょう。
  2. 火消し壺を使う!
    一番おススメなのが、火消し壺による消火です。専用の壺に炭を入れて蓋を閉めるだけで自然に火が消えます。さらに、炭を二次利用できて環境にも優しいですね。
1、2ともに必ず消火を終えた炭は、ご自宅で処分または保管して再利用しましょう。

廃棄される場合には、ゴミの日に出せば大丈夫です。

スポンサーリンク

バーベキュー後の炭の再利用方法は?

一度使った炭は、火が付きやすく便利です。

何度もバーベキューに行くという方は再利用されるといいでしょう!

ただし、水を使って消化した炭を再度使うには、天日干しをしてしっかりと乾燥させないと着火できません。

また、炭の種類により再利用可能なものと一回限りというものもあります。

特にホームセンターで販売されている安い炭は、一度使ってしまうと粉々になりやすく再び使うのは無理です。

購入される際に少々値段はしますが、硬質な備長炭を選ぶと何回か使用できます。

長期的な目で見るとこちらの方が、コスパも良いです!

さらに、火消し壺を使用すると、炭を壺に入れたまま湿気のない場所で保管するだけなので手間も時間も掛かりません。

ただし、いくつか気を付けないとならない部分もあるので見て行きましょう。

火消し壺を使う際の注意点!

  • 必ず専用のトングで一本ずつ入れていくこと。
  • 火傷しないために革手袋をはめる。
  • 火消し壺の底が熱くなると危険なのでスタンドを使う。もしくは、熱くなっても危なくない場所で行う。
  • 炭を入れたら火が消えるまで最低でも一時間は必要なので、絶対に蓋を開けないこと。
  • 火消し壺本体も熱くなっているので触らないこと。
さらに、火消し壺も大きく分けると2つのタイプがあります。

火消し壺の種類

  1. 陶器タイプ
    自宅でバーベキューや七輪でさんまを焼いて楽しむという時には、こちらで十分でしょう。しかし、持ち運びという部分を考えると蓋を完全に閉めることができないので危険です。車内が揺れた時にコロンとひっくり返ってしまったらとても危険です!
  2. アウトドア用の火消し壺
    海、山でバーベキューを楽しむ方は、アウトドア専用のものを使うことをおススメします。蓋を完全に閉じる事ができるので、持ち運びも安全です。

まとめ

我が家でも自宅でさんまの炭焼きや焼き鳥を時々します。

そのような時に、やはり便利なのが火消し壺です。

なによりも入れたままで消火でき、再利用可能という部分がいいなあと思っています。

しかし、バーベキューをされる回数が少ない方は「そこまで必要ない!」と考える方も多いでしょう。

いずれにせよ、他の利用者のことを考えて最後まで責任を持って炭の処理を行いましょう!