水戸偕楽園の梅まつりに電車とバスで行くなら!何駅を利用するのが楽?

春の訪れをいち早く知らせるのが梅まつり。小さくてかわいい花が咲き、素敵な香りが漂い、見る人を楽しませてくれますよね。

日本三名園の一つである水戸偕楽園では、約100種の梅が3000本咲き誇ります。毎年2月から梅まつりが開催されていますよ。

とても人気で有名な梅まつりなので、たいへん混雑が予想されます。アクセスや混雑状況など、詳しくご紹介したいと思います。

しっかり情報を確認しておくと良いですね。

水戸偕楽園の梅まつりへのアクセスや基本情報!

水戸偕楽園には、さまざまな方法でアクセスすることができますよ。

水戸偕楽園の基本情報

  • 住所:茨城県水戸市常磐町1-3-3
  • 電話:029-224-0441 水戸観光協会(梅まつり実行委員会)
  • 梅まつりの開催日程:2018年2月17日(土)~3月31日(土)
  • 会場:水戸偕楽園・弘道館

アクセス

電車

  • JR常磐線水戸駅北口4番乗り場(茨城交通)から「偕楽園行き」バス約20分→「好文亭表門」「偕楽園東門」「偕楽園前」いずれか下車徒歩3~5分(240円)
  • JR常磐線水戸駅北口6番乗り場(関東鉄道)から「偕楽園行き」バス約20分→「偕楽園前」下車徒歩約5分(240円)

梅まつり期間中の土日のみ、JR常磐線「偕楽園臨時駅」が開設されます。

偕楽園まで徒歩3分・9:15~15:30下りのみ運行しています。

帰りはバスを利用しましょう。

  • 常磐自動車道・水戸ICより水戸・大洗方面へ向かい、国道50号線経由約10km
  • 北関東自動車道・茨城町東ICから約20分、国道50号線と県道180号線経由約9km
  • 北関東自動車道・水戸南ICから約20分、国道50号線と県道50号経由約8km

水戸偕楽園周辺の道路は、平日はほぼスムーズなのですが、2月の土日は30分・3月の土日は90分ほどの渋滞があります。

余裕を持って移動するようにしましょう。

去年の梅まつり開催中の日曜日は、9:00~16:00まで交通規制が敷かれ、歩行者優先になっていました。

今年も交通規制が敷かれることと思いますので、ご注意ください。

タクシー

水戸駅北口ペデストリアンデッキ下のタクシー乗り場を利用しましょう。

少し他の行き方よりも運賃がかかってしまいますが、偕楽園まで遠い距離を歩く必要がありませんよ。

  • 水戸駅から偕楽園東門バス停まで・約10分運賃1,360円
  • 水戸駅から好文亭まで・約10分運賃1,270円

高速バス

東京駅から水戸駅へ茨城交通の高速バスが運行しています。

  • 茨城交通「みと号」・・・東京駅八重洲南口から赤塚ルート乗車→「大工町」下車徒歩20分
スポンサーリンク

水戸偕楽園の梅まつり周辺の駐車場情報!

車で来園される方は、駐車場情報をチェックしておきましょう。

偕楽園周辺の有料駐車場

1日500円(普段無料でも梅まつり開催中は有料になります!)

  • 偕楽園・桜山第一駐車場(約270台)
  • 偕楽園・桜山第二駐車場(約150台)
  • 偕楽園・桜山第三駐車場(約70台)
  • 桜川駐車場(約300台)
  • 千波湖西駐車場(約150台)・偕楽園東門まで徒歩10分
  • 偕楽園下駐車場(約140台)・偕楽園東門まで徒歩8分
  • 常磐神社駐車場(約70台)

※上記3つの駐車場は、1番の見ごろである3月上旬の土日は、朝8時半には満車になるほど混み合います。

開園するのは、朝6時になります。朝早く行くか、公共交通機関を利用するようにすると良いでしょう。

弘道館周辺無料駐車場

  • 弘道館前無料駐車場(13台)
  • 三の丸庁舎駐車場(3時間まで無料)

たくさん駐車場がありますが、土日は駐車場待ちで、なかなか中に入ることが出来ない場合もあります。

水戸駅周辺のコインパーキングを利用して、バスで向かう方法もありますよ。

水戸偕楽園の梅まつりの混雑状況は?

土曜日や日曜日は、たいへん混み合います。

特に日曜日は「観梅デー」になっていて、さまざまなイベントが催されるので混みます。

2月よりも3月のほうが、暖かくなって過ごしやすくなるので、人出が多くなるのです。

また、遠方から来る人も多く、昼頃はにぎわうと思いますよ。

しかし、とても広い梅林なので、それほど混雑を感じることはないですね。

ただ「夜・梅・祭」ではキャンドルや花火と梅のコラボレーションを見ようと、この日だけは混雑を感じるかもしれませんね。

イベント開催に合わせてもちろん人出が増えるので、覚悟していきましょう。

どんな服装で行けば良いの?寒い?

陽があたる時間は、あたたかく過ごしやすい日もあります。

しかし、陽が落ちてくると、急に冷え込んできますよ。

夜は5℃以下にもなるため、あたたかい格好をしていくと良いでしょう。

マフラーや手袋、耳あてなどのアイテムがあると良いと思います。

また、ホッカイロを持っていくと役立つこと間違いなしですね。

梅林を散策するので、対策が不十分だと楽しむことができませんよ。

まとめ

人気の梅まつりなので、遠方からも訪れる人が多く混雑が予想されます。

車で来園する方は、混雑状況を確認し、早めに移動するか水戸駅に駐車しバスで向かうなどの対策を万全にしていきましょう。

また、電車は臨時駅が開設されたり、バスやタクシーなど公共交通機関も多く運行していたりするので、できるだけ公共の交通機関を利用する方法も考えましょうね。