香典返し・満中陰志の挨拶状に日付は必要?例文や失敗しない書き方を紹介

49日に行われる忌引き開けの際に必要な挨拶状。

初めて施主として法要を行われる方は、不慣れなことだけに

・どのように書いたらいいのだろう?
・日付けって必要なのかな?

と困ってしまいます。

周りに聞いても「経験したことがないから分からないよ。」と返されてしまうことも…。

そのような皆さんのために「香典返し・満中陰志の挨拶状」の書き方について詳しく説明させて頂きます。

満中陰子とは?

仏教の世界では、亡くなった日から49日間を「中陰子」と呼びます。その間、初七日をはじめ7日ごとに諸法要を行うのです。

49日目をそれらの法要を終えたことから「満中陰」とし忌引き開けの法要を行い故人を偲びます。

この時、出席者から香典を頂いた場合にするお返しを関西では「満中陰子」と呼びます。

関東では、「香典返し」と呼び、挨拶状や熨斗の表書きには「志」と表記するのでその違いに気を付けましょう。

 

どちらを挨拶状や熨斗の表書きに使えば良い分からない時には、一般的に「志」とするのが無難とされています。

さらに、香典返しをされる際に「故人を偲んで下さった皆さんに感謝の気持ちを伝えるために」お礼状を添えなければいけません。

しかし、ご挨拶状を作ろうと思っても「マナー」が分からないと、なかなか筆も進みませんね。

特に、「日付を入れるのか?」という部分で悩まれる方が多いです。

どうしたら良いのか見て行きましょう!

満中陰子の挨拶状に日付は必要?どう書くの?

日付けについては、基本的に決まりはありません。

具体的には、

  • 平成○○年○月
  • 平成○年五月雨月
と忌引き明けの月だけを書く方もいます。

その反面で、平成○○年○月○日と「忌引き開けの日付け」や「49日の法要を行った日にち」を記載するケースもあるのです。

地域やお寺の宗派によっても異なります。

迷われた時には、お寺の方・葬祭店に聞かれてみると良いです。

香典返し・満中陰子の挨拶状の例文

参考までに書き方を記載させて頂きます。

例文1 出席して下さった方への挨拶状

拝啓

亡祖母(亡くなった方の氏名を記載)儀 四十九日法要に際しましては
ご多忙中の折り、遠路ご足労をいただきまして誠に有り難く厚く御礼申し上げますお陰をもちまして49日法要を滞りなく滞りなく済ませることができました
早速拝趨親しく御礼申し上げるべきところでございますが、略儀ながら書中を
もちまして御礼のご挨拶申し上げます

敬具

平成○○年○月○日
郵便番号
住所
施主氏名
親族一同

文例2 式に参加されない方への例文

拝啓

亡祖母(氏名)儀 四十九日法要に 四十九日法要に際しましては
ご多忙のところご鄭重なる御厚志を心より厚く御礼申し上げます
お陰をもちまして49日法要を滞りなく滞りなく済ませることができました
早速拝趨親しく御礼申し上げるべきところでございますが、略儀ながら書中を
もちまして御礼のご挨拶申し上げます

敬具

例文1と例文2では、冒頭部分の書き方が異なるので注意が必要です。

送り間違わないように気を付けましょう。

スポンサーリンク

失敗しない書き方のコツ

  • 文面は、縦書きが基本
  • 「寒中〜」など季語の挨拶を入れる必要はない
  • 「拝啓」と「敬具」を必ずセットで使う
  • 文章中に句読点は使わない
  • 例文の「故祖母」は、施主から見た関係を使う、「故(故人の氏名)儀」でもOK
  • 仕事関係の方も主席する時には、「弊社社長故(故人氏名)儀」とする
  • 故人に対して敬語を使わない
  • 最後の郵便番号&住所は、施主の住居地を書くこと

手書きにするとより想いが伝わりますが、印刷された挨拶状でももちろん大丈夫です。

その際、若干多めにコピーしておくと便利です。

また、香典返しの返礼品を頼む際に無料でメッセージを頼めるお店もあります。

最近では、ご自分で書かずにこのようなサービスを利用する方も多いです。

満中陰志の封筒の書き方

来客された方に直接渡す場合、また出席されない方に品物と一緒に添える場合は、

  • 封筒の表書きを「ご挨拶」とすること
  • 裏面は、施主の氏名のみ
さらに、この場合に限っては「のり付け」する必要はありません。

品物を添えずにお礼状だけを送る際には、一般の郵便物と同じように表に相手の住所を裏面に自分のものを書きます。

お礼状を送る先は?

  1. 法事・法要の出席者、親族は除く
  2. 式には参加されていないが、香典やお供え物、供花を贈って下さった方達
特に、直接ご挨拶ができなかった2の方達には、必ず香典返しの品物やお礼状を送りましょう

まとめ

施主やそのご家族の方は、弔事ができてしまうとバタバタと忙しいです。

その上、慣れない儀式だけにアタフタと気ばかり焦ってしまいますね。

そのような事を防ぐ為に、香典返しを頂いた時のご挨拶状に目を通しておくと具体的にマナーを知ることもでき勉強になるでしょう。