入園準備!服や持ち物の名前を書く場所は?漢字・ひらがな・フルネームなど

入園の準備はこれから始まる新しい生活に、不安もありますが楽しみなことが多いですよね。

しかし、入園準備はいろいろな持ち物を揃えたり全てに名前を書いたり、大忙しだと思います。

初めての入園準備だと分からないことも多く、いちいち「これで良いのかな?」と心配になるでしょう。

そこで今回は、持ち物に名前を書くときのことを詳しくご紹介したいと思います。

服や持ち物の名前を書く場所ってどこが良いの?

入園したばかりの頃は、先生もどれが誰のものか把握することができません。

通園バックや手提げ袋・上履き袋などは色や柄に特徴があるので、少しずつ覚えていくことができます。

しかし、同じ柄だったり同じタオルだったりすると、名前を確認することになります。

そのため、先生が名前を確認しやすい場所に書くのが一番です。

入園したばかりの頃、子どもたちは当然、字を読める子はほぼいません。

先生(大人)の目線で目立つところに書きましょう。

洋服や靴下、靴などの身につけるものにも名前を書きます。

身につけるものは、洋服ならタグやすその裏、靴下は足の裏や履き口のすぐめくって分かる部分、靴は靴底など名前が目立たないところでも構いませんよ。

名前が書いてあることが想定できるような場所に書くことがポイントです。

持ち物に書く名前は漢字・ひらがな・フルネーム?

名前を書くときに漢字やひらがな、カタカナなど何で書いたら良いか悩みますよね。

一番読みやすいのは、ひらがなで書くことです。4歳児ころになると、ひらがなを読める子が増えてきます。

先生の代わりに文字を読んで、忘れ物や落し物を届けてくれるようになりますよ。

漢字やカタカナは読みにくいです。漢字は各数が多く、カタカナは各数が少ないですよね。

ひらがなで書くことが一番読みやすいですよ。

名前を書くときに、下の名前だけでも良いかなと思う人も多いでしょう。

しかし、理想はフルネームで書いたほうが良いでしょう。同じ名前の子がいるかもしれませんよ。

子ども自身が自分の持ち物を把握できる年齢になったら、下の名前だけでも良いかもしれません。

しかし、まだ小さいうちはフルネームで書いておけば失くし物が少なくなるでしょう。

ハンカチやポケットティッシュなど小さなものは、よく落ちていることがありますよ。小さいうちは、失くし物が本当に多いのです。

スポンサーリンク

持ち物に名前を書くときのポイントは?

先生にとって見つけやすく読みやすいことがポイントです。

具体的には「大きく」「はっきりと」書くということです。

せっかく名前を書いても、見つからなかったり小さくて読めなかったりしたら、意味がありません。

また使っていくうちに、マジックが色褪せていって読めなくなってしまうことがあります。定期的に、名前が読みにくくなっていないかチェックしましょうね。

紛失や間違いを防ぐためには、とても大切なことですよ。

またどんなに小さなものでも名前を書きましょうね。おはし一本や髪留めにも書いておくと安心ですよ。

園には、名前が書いていない落し物がたくさん溜まってしまいますよ。

名前を書く以外の方法はあるの?

最近、持ち物に名前をつける方法が増えてきました。

マジックで名前を書きたくないという人は、以下の方法で名前をつけると良いでしょう。

お名前シール

文字を打って好きなシールを作れる機械(テプラ)があれば、簡単にお名前シールを作ることができますよ。

最近ではパソコンやプリンターがあれば、できるようにもなっています。

文字を書くのが苦手だという人は、簡単で良いかもしれませんね。

アイロンシール

布製のアイロンで名前がつけられるシールです。100円ショップや手芸店で購入することができますよ。

アイロンでつければ、なかなか取れることがないので、洋服の名前付けに向いているでしょう。

マジックで書くよりも名前がどこに書いてあるか、分かりやすいのも特徴ですね。

かわいいマークがついたアイロンシールだと、子ども自身も分かりやすいかもしれませんね。

タグ

洗濯表示のタグに付けられるネームタグです。

スナップボタンで簡単に付けたり外したりすることができて、とても便利だと思います。

布製なので、そのままマジックで名前を書いても良いし、名前スタンプを押しても良いでしょう。

冬のコートをかける際に紐がついていない場合は、背中のところのブランドタグのところに付けると便利です。

名前タグとしても、フックに引っ掛ける紐としても重宝するでしょう。

スタンプ

どうしても名前を書きたくない人には、おススメですよ。

スタンプするだけで名前付けが終わってしまうので、とても簡単な方法ですよ。

フォントや色、かわいいマークを選ぶことができます。

マジックで名前を書くよりもかわいくてオシャレな印象です。

まとめ

入園準備での名前付けは、本当に大変ですよね。しかし新しい園生活を楽しんでもらうためにも、一つひとつ丁寧に名前を書きましょうね。

一緒に準備することで、園生活が楽しみになるかもしれませんね。

また、名前を書くときは「大きく」「ハッキリ」「見つけやすい場所」がポイントになりますよ。せっかく準備したものが紛失してしまったら悲しいですからね。

そして最近では、さまざまな名前付けの方法がありますので、持ち物によって使い分けてみるのも良いでしょう。