平昌オリンピックはいつからいつまで?開会式と閉会式の日程!時差は?

2018年2月にある韓国・平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック。

平昌は韓国の東北部にあり、2月の平均気温が-5.9度と、北海道や長野よりも低くなっています。

氷点下20度を超えることも珍しくなく、積雪量も多いですが、ここ数年は雪不足が問題になっているので競技に影響が出るかもしれないといわれています。

開催国の特徴が現れるオリンピックの開閉会式、気になる日程をまとめました。

平昌オリンピック開催期間(開会式と閉会式の日程)と時差

2018年2月9日(金曜日)~2月25日(日曜日)の17日間です。

韓国と日本の時差はありませんので現地時間=日本時間です。

日本の真反対にあるブラジルで開催されたリオオリンピックとは違い、現地時間から日本時間を計算しなくてもいいので楽ですね。

しかし、平日の日中に行われる競技を生放送で観戦するのは難しいかもしれないので、手放しでは喜べません。

  • 平昌オリンピック開会式
    日程: 2018年2月9日(金曜日)20:00~
    テレビ放送: 2018年2月9日(金曜日)19:30~ NHK
  • 平昌オリンピック閉会式
    日程: 2018年2月25日(日曜日)21:00~
    テレビ放送: 2018年2月25日(日曜日)19:30~ NHK
  • 総合監督: 宋承桓(ソン・スンファン)
    韓国の俳優・演出家。韓国で20年間に渡って公演されているミュージカル「NANTA」のプロデューサーです。
  • 総合演出: 梁正雄(ヤン・ジョンウン)
    韓国の演出家。代表作は2008年に日韓両国の劇場で上演された「焼肉ドラゴン」
  • 音楽監督: 梁邦彦(リョウ・クニヒコ)
    在日韓国人2世のキーボーディスト・作曲家・編曲家・音楽プロデューサー。1980年から活動を初め、日本と韓国で活躍中。ソチオリンピック閉会式の音楽監督を務めた。
スポンサーリンク

平昌オリンピック開閉会式の開催場所について

韓国平昌郡・平昌オリンピックスタジアム。

2015年の12月に建設が開始され、2017年9月に完成した新しいスタジアムです。

総工費1200億ウォン(日本円で約120億円)もかけて作られていますが、予算削減のため防寒設備がない上、屋根も風除けも設置されていません。

この記事の最初にも書いたように、平昌の2月平均気温は-5.9度なので、とても寒くなることが予想されます。

2017年11月に平昌オリンピックスタジアムでコンサートが行われたそうですが、5人もの人が低体温症で搬送されたとか。

オリンピックが行われる2月は11月よりも寒くなることが予想されますので、こんな状況で選手が体調を壊してしまわないか心配です。

観客席は3万5000席で、平昌オリンピックが掲げる「文化・経済・通信情報技術・環境・平和」の5つの目標を表して五角形に作られています。

まとめ

以上、平昌オリンピック開閉会式の情報をまとめて紹介しました。

オリンピックの始まりを告げる開会式と終わりを告げる閉会式。

色々と問題もあるようですが、平昌オリンピックの開閉会式はどのようなものになるか、楽しみですね。

⇒平昌オリンピックの各局テレビ放送時間を紹介!全種目の放送日程

⇒平昌オリンピックフィギュアスケートの女子男子の全日程!日本代表やロシア選手も紹介

⇒平昌オリンピック2018スキージャンプの日程と試合結果!日本代表選手も紹介

⇒平昌オリンピック2018スピードスケートの日程と試合結果!日本代表選手も紹介

⇒平昌オリンピック2018のスノーボードの日程!日本代表選手は誰?結果も

⇒平昌オリンピック2018のカーリングの日程と試合結果!日本代表選手も紹介

⇒平昌オリンピックのテーマソング!NHK/フジテレビ/TBS/日テレ/テレ東など各局の紹介