オムロンの音波式電動歯ブラシ(HT-B2110)を購入!口コミをガッツリ書いてみます

最近私が買ってよかったなと思ったのは、オムロンの電動歯ブラシ音波式電動歯ブラシ(HT-B210)です。

口コミを探している方のために、実際に使用している僕の視点でどんな商品なのか書いてみます。

オムロンの電動歯ブラシ音波式電動歯ブラシの特徴

電動歯ブラシってピンキリで、値段差って結構あります。というのも、それぞれ方式が違うからです。

主に三種類あり、回転式・音波式・超音波式に分かれてます。

一番安いのは回転式、最もポピュラーなのが音波式、最上級モデルが超音波式です。

今回購入したHTB210は音波式になります。

回転式ってぶっちゃけ手動の延長線上みたいなものですし、どうせなら音波式ぐらいは欲しいですよね。超音波式まで行くと1万以上するのでこれはやめました。

音波式で手ごろなものがないかな・・・と探してたらこれを見つけたわけです。

私購入時は2000円ほどだったんですが、今だとamazon等で1500円未満で販売されてるので音波式の電動歯ブラシが欲しいって方はチェックしてみてください。

マニュアルについて

マニュアルはもちろん日本語で書かれており、HT-B210の説明書だけでなく電動歯ブラシについて詳しい記述があります。

歯ブラシの交換時期はいつか?などが書かれています。

どういう効果を重視するかで歯ブラシの選択も変わってきますので、これは重要です。

歯ブラシは歯垢除去効果の高いトリプルクリアブラシ

先ほどの説明書によると、付属してるブラシはトリプルクリアブラシといって歯垢除去能力がもっとも高いものです。

さっそく箱から出して、乾電池をセットしました。

スポンサーリンク


歯ブラシの持ち手中央部分のボタンがon/offのスイッチです。この場所なら歯ブラシを握りながら簡単にスイッチが押せるので、かなり便利です。

というのも、電動歯ブラシってonにすると、歯ブラシにつけてる歯磨き粉とかが飛び散っちゃうんです。

最初は電源offの状態で口の中に入れ、しっかり口を閉じてからonにする必要があります。これなら歯磨き粉が飛び散っても口の中に飛び散るだけで周囲への被害はありません。

結構電源ボタンの配置も重要なんですが、なかなか押しやすい位置でイイ感じです。

使い心地と効果について

電動歯ブラシ本体を軽く手に握り、歯ブラシの先端が歯に触れる程度の位置に当ててあげるだけです。普通の歯ブラシのように磨く必要はありませんし、ゆっくり動かすだけでいいんです。

最初は今までの手動歯ブラシと違い、その楽さにちゃんと歯磨き効果が出てるのかな?と心配になったほどです。

ちゃんと磨けてないと口臭とかも気になりますし、自分の口臭って自覚出来ないので知らず知らずのうちに周囲へ迷惑掛けてるってこともありますから、それだけにかなり心配になりました。

でもこの心配は杞憂だったようで、バッチリ磨けてました。

彼女にも、歯ブラシを電動歯ブラシに変えてみたから口臭気になったら言ってねとお願いもしたんですよね。

もし気になるようだったら以前の手動に戻すだけだし、周囲に迷惑掛けたくないので・・・て感じでです。でも彼女からは、全然口臭なんてないし歯は以前より白くなったかも?と言われるほどの効果でした。

実際私も鏡を使って自分の歯を見てみたんですけど、歯茎付近の歯垢とかまったくないんですよね。想像以上の歯磨き効果にビックリしました。

洗浄方法について

普通の歯ブラシと違い、電動歯ブラシは電化製品です。ですので、使用後の洗浄方法は気になりました。

しかしこれ、意外と簡単なんです。

歯ブラシを洗う場合、まずは本体から真っ直ぐ歯ブラシを引っぱります。するとスポっと簡単に抜けるんです。

外した歯ブラシを水洗いをし、元通り本体にさすだけです。

本体を洗う場合は歯ブラシをつけたままサッと水洗いをしてきちんと拭き取ります。

一通り洗っても一分もかかりませんし、後片付けの手間はほとんどかかりません。

まとめ(入門編にピッタリ)

私自身一番感じたのは、今まで使ってた普通の歯磨きとは使い方はまったく異なります。自分で動かさないので正直磨いてる気がしないって方もいるでしょう。

方式も自分にあったものかどうかわかりませんよね。それに電動歯ブラシはランニングコストも結構かかります。

三ヶ月に一回歯ブラシを買えたりしないといけませんし、その値段も高めです。

下手に高いものを買って失敗しちゃった・・・なんてことにならないよう、まずはこのHT-B210でお試ししてはどうかな?と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です