雛人形を処分する時期は?供養の必要性や処分の仕方など徹底解説


桃の節句に欠かせない雛人形ですが、諸事情により処分せざるを得ないことも多いです。

しかし、魂が宿ると言われている人形だけに処分の仕方に悩まれる人も少なくありません。

そこで、「雛人形を処分すべき時期や方法」について詳しく説明させて頂きます。

雛人形を処分する時期ってあるの?

雛人形の持ち主である女の子が、

・成人式を迎えたから
・結婚してお嫁に行ったから

という理由で処分する必要は全くありません。

いくつになっても飾りたいのであれば、気にする事なく大切に保管しましょう。

しかし、

  • 雛人形が傷んでしまって飾れるような状態ではなくなった。
  • 引っ越して手狭になったので、7段飾りを処分しないといけない。
  • 結婚して嫁ぐのでなるべく荷物を少なくしたい。
などの理由で、手放さざるを得ない事もあります。

そのような時に悩むのが「きちんと供養すべきか?」という事だと思いますので、早速見て行きましょう!

供養する必要ってあるのかな?


昔から人形やぬいぐるみには、魂が宿るから捨てる際には「人形供養」をしないといけない言い伝えられて来ています。

しかし、これはあくまでも昔の人のならわしにしか過ぎません。

人形供養をしなかったために「悪いことが続く…。」という事もありません。

逆に、きちんと神社に奉納しなかった後に「最近、体調が悪いけど人形のせい?」と思っても後の祭りです。

あくまでも個人の考え方ですから「供養しないと気持ちが悪い。」と思われる方が行えば良いと、現代では考えられています。

では、人形供養の仕方について次に説明させて頂きます。

人形供養の仕方


2つの方法があります。

人形供養をしている神社やお寺に直接持って行く

ただし、最近は環境問題を理由に人形供養を行わない場所も増加しています。

事前に電話で確認してから持ち込むようにしましょう。

郵送して人形供養を行ってもらう

近くにやられている神社などがない時には、ネットで探して利用すると便利です。

参考までに、数カ所アドレスを記載させて頂きます。

供養料金

  • 箱の大きさにより変わる
  • 一律の料金
  • 一体に付き費用が掛かる
と利用する場所により様々です。

7段飾りの場合には、供養する人形の数も多いだけに費用をしっかりと確認しておきましょう!

しかし、中には「まだ綺麗だから使えるのに…。」という時もあるでしょう。

そのような時には、次のような方法もあります。

スポンサーリンク

老人ホームや福祉施設に寄付、欲しい人に譲る

美しく可愛いお雛様だけに喜んで頂ける人がいる場合には、再利用してもらうのもおススメです。

受け入れ先の探し方は、2つあります。

市町村に問い合わてみる!

幼稚園、保育園、児童施設、老人ホームと雛人形を欲しいと考えている施設は、意外と多いようです。

お住まいの区域や隣町に連絡されてみるのも一つの手段でしょう。

新聞やタウン誌を利用する

新聞やタウン誌の「欲しい人を探していますのコーナ」は、ニーズが高いので、次の持ち主を見つけやすいでしょう。

掲載料も無料のことが多い上に、価格設定や受け取り方法も指定できる事が多いです。

ネットで探す

  • ヤフオクで安く価格設定して中古商品として販売してしまう。
  • ジモティーを利用する。
せっかくの雛人形ですから綺麗な状態でしたら、ぜひ有効活用してあげて下さいね。

その反面で「もう古いからリサイクルなんて無理!コストも掛かるから供養せずにゴミに出してしまえばいいわ。」という思われている方も多いでしょう。

ゴミの出し方にも決まりがありますので、具体的に説明させて頂きます。

ゴミに出す場合


基本的にお住まいの地域のゴミの区分方法に従い出して下さい。

陶器やガラスの雛人形、さらにガラスのケースは、燃えないゴミや資源物として分類されます。

一般的な物でも飾りなどに金属がある場合は、必ず外して選別して捨てましょう。

さらに、大きさによっても粗大ゴミとして扱われるケースもあるので注意が必要です。

しかし、今まで身代わりとして守って下さったお人形ですから心を込めて以下の2点は行うと良いでしょう。

  • お塩とお酒でお人形を清めて、白い紙で一体ずつ包んで捨てる。
  • ゴミ袋は、お人形専用として間違っても家庭で出る一般ゴミと混入させないこと。
ゴミに出すとは言っても気持ちが大切ですね!

まとめ

我が家にも祖母から頂いた7段飾りがありました。

小さい頃は、きちんと飾りひな祭りを行っていましたが、スペースの問題もあり物置に仕舞われたままに…。

数年後、人形供養が近くで開催されていることに気づき、お内裏様とお雛様を残して奉納させて頂いた経験があります。

やはり、雛人形だけに贈ってくれた祖母の思いも込められていると考え、私は供養することを選びました。

しかし、考え方は人それぞれです!

自分の考えに基づき都合の良い処分の方法を選ばれて下さいね。