【女の子の初節句はいつから?】1月生まれや2月生まれのひな祭りは?


バレンタインが終わると次のイベントは、ひな祭りです。

お子さんやお孫さんが初めてのお節句を迎えられる場合、事前の準備に気合いも入ります。

しかし、

  • ウチの子は、1月生まれだから初節句は来年でもいいかしら?
  • 2月の半ばに出産したばかりで、それどころではない!

という方も少なくありません。

女の子の健やかな成長を祈りお祝いする桃の節句だけに、どう対応すれば良いのでしょう。

頭を悩まされているママやおばあちゃんのために、具体的な方法をまとめさせて頂きました。

いつやるのか決まりはない!


お嬢さんが、1月や2月に生まれたからと言ってその年の3月3日に初節句をしないといけないという決まりは、ありません。

逆に、早生まれだから1年見送って来年にすべきという考えもないです。

その地域の風習やご両親の意見を参考に計画を予定するのがベストでしょう。

また、出産を終えたママの体調もまだ完全には回復していませんし、育児にも追われています。

赤ちゃんも生まれたばかりで首も座らず、インフルエンザや風邪も流行している時期はなるべく人との接触をさけた方が良いです。

無理をしても良いことはありませんので、ベストな状態で行える時を選ぶようにして下さい。

そうは言っては、縁起ごとだけに「一般的な考え方」も気になる部分でしょうから参考に見て行きましょう!

お正月を迎えてから初節句を行うべきという考え方


早生まれのお子さんの場合、お正月を一度も迎えていない状態です。

新年に初めてお正月を過ごす女の子の赤ちゃんの場合、羽子板を昔から飾るならわしがあります。

羽子板と聞くと「板で羽を付く遊びね!」くらいにしか思わない方もいるでしょう。

しかし、羽を付くことで病や悪い事を追い払うという意味も込められています。

羽子板そのものも「無患子(むくろし)」という板で作られており、赤ちゃんの無病息災を願い、初正月の時に飾るものです。

そのため「お正月に羽子板を飾り、初正月を迎えてから初節句するべき。」という考え方もあります。

お宮参りを終えなければいけないという考え方


赤ちゃんが生まれると生後31日頃にお宮参りをします。

話しは少しそれますが、お宮参りは以下の考えに基づき行われる儀式です。

  • 生後30日までの赤ちゃんは、産土神(うぶすながみ)のものであり、お宮参りを終えてはじめて我が子になるとされています。
  • 産後間もないママは神様にとって「汚れている状態」です。

赤ちゃんとお宮参りをすることで体が清められ、汚れを落とすことができると言われています。

そのため、「お宮参りをしていない新生児が初節句を行ってはいけない」と昔から言い伝えられて来ました。

スポンサーリンク

2月生まれの場合は、来年に回すべきという考え方

出産を終えたママは、ホルモンバランスの乱れを整え、体力の消耗を回復させるために産後3週間を大体目安に床上げをします。

2月に赤ちゃんを産んだ場合、ひな祭りまでに床上げをしていない方も多く、さらにお宮参りを済ませていない場合がほとんどです。

そのような事から2月生まれの子は、必然的に翌年にすべきという考えも古くからあります。

このように早生まれの女の子の場合、来年に持ち越した方が良い場合が多いです。

しかし、そのような時に困るのが「おひな様をいつ購入するかということ」でしょう。

初孫だけに「早く買ってあげたい!」というおじいちゃんやおばあちゃんも多いはずです。

初節句を延期した場合、お雛様はいつ買うの?


初節句を翌年にするのですから、お雛様も慌てて購入する必要はありません。

1月や2月に購入しようとお店に足を運んでも品薄状態ですし、気に入ったモノに出会える確率も低いです。

一生に一度プレゼントする雛人形ですから来年の初節句に合わるようにしましょう。

さらに、今は出生前に男女の判断が付く時代ですから、「出産前に…」という方もいるでしょう。

しかし、「赤ちゃんが、健康に元気に育ちますように!」と願いを込めて用意するお人形ですから誕生前に用意するのはNGです。

まとめ

かわいい我が子と早く初節句を行いたい気持ちは、よく分かります。

しかし、日本古来から伝わる儀式ですからやはり風習に準じることも必要です。

また、ママや赤ちゃんの健康が何よりも一番でしょう。

もちろん、婚家のしきたりも重視しないと後々、お姑さんとうまく行かなくなることもあり得ます。

1月、2月生まれで初節句を迎える予定のお子さんをお持ちの場合は、必ず周りの方ともよく相談して日取りを決めるようにしましょう!