お食い初めで使う食器は木製の漆器?ダイソーや離乳食用じゃダメなの?

出産後は毎日バタバタと忙しく、気づいたらお食い初めの準備を全くしていなかったという人も多いでしょう。

お食い初めには、漆器の食器を使うイメージがあります。必ずしも立派な木製漆器で揃えなければいけないのでしょうか。

あまり使う機会がないのなら、100円ショップや離乳食用など実用的なものでも良いような気がしませんか?

今回はお食い初めで使う食器について詳しくご紹介したいと思います。

お食い初めで使う食器は木製の漆器じゃなきゃダメ?

お食い初めで使う食器は木製の漆器、お箸は柳の白木のもの、家紋が入った高足の御膳を用意するのが正式です。

しかも、兄弟姉妹からのお下がりや友達から借りるのではなく、赤ちゃんが生まれたら新しいものを用意するのが良いとされているのです。

母方の実家が贈るというのが習わしだとされています。

また、昔は赤ちゃんの性別によって、食器の色が使い分けられていました。

男の子なら朱塗り、女の子なら黒塗り(内側が朱色)を用意していたのです。これは黒色より朱色のほうが高貴だとされていたためです。

しかし、最近では男女差別の問題から性別によって色が区別されることはなくなってきました。

正式な食器を絶対に使わなければいけないということではありません。

しかし、記念撮影をしたり、両家の両親が集まっての一大イベントとなったりするのなら、正式な食器を用意したほうが良いかもしれませんね。

少し値が張りますが、お祝い事やお正月にも使えるでしょう。

100円ショップ・ダイソーの食器でも良い?

最近では100円ショップにもお椀が売っていますよね。しかも漆器のように朱色や黒色のお椀もあるので、一見100円で購入したとは思えないものばかりだと思います。

あまり使う機会がないので、100円ショップで揃えるのも方法の一つでしょう。

あまり形式にはとらわれないのであれば、お食い初めが終わったあとも気兼ねなく使用することができますよね。

100円ショップで手に入れられるのは、とても便利だと思いますよ。

離乳食用の食器を代用するのはダメ?

どうせ離乳食で食器を揃えるのだから、お食い初めもその食器を使いたいと思う人もいると思います。

もちろん離乳食用の食器で代用することも可能ですよ。

キャラクターものや好きな色など正式な形で行わない人も増えているのです。

どんな食器を使うかよりも、実用性や儀式を行うことの大切さを重視する人が多いということではないでしょうか。

お食い初め用の食器はどこで手に入れる?

どんな食器を使用するかによっても入手方法は異なります。

自宅にある真っ白な食器を使う人もいますし、とりあえず100円ショップで漆器のようなお椀を用意する人もいるのです。

また、お食い初めセットとして、西松屋やトイザラス、アカチャンホンポなどの赤ちゃん用品を扱っているお店にも置いてあります。

ネットで扱っているところも増えていますから、早めにチェックしてみると良いでしょう。

楽天やamazonを見てみると、とても種類が豊富なので迷ってしまうほどですよ。

スポンサーリンク

お食い初めの食器を揃えるといくらが相場なの?

高級感のある木製漆器の値段は、幅広くあります。セットになっていて2000~10000円です。

お祝い事にふさわしい松竹梅が描かれていたり、家紋や名前を入れられたりするサービスもありますよ。

とりあえず形だけでも揃えたいなら2000円で十分だと思います。

高価なものは、しっかりと保管しておけば、ずっと漆器本来の輝きを保つことができるでしょう。

また、お食い初め用の食器で人気のあるのは、竹製のものです。

竹は3年ですくすくと成長するので、健康と丈夫さの象徴ともいわれています。

天然の竹には、殺菌効果もあるといわれているので、安心して使うことができますよね。

また1年中枯れることのない常緑樹で、根を広く張り新しい芽をどんどん芽吹かせるので、縁起物ともいわれていますよ。

赤ちゃんの成長を願う行事には、ピッタリの素材かもしれませんね。

竹製の食器セットは、6000~20000円と少しお高めですが、竹の優しいぬくもりと一つひとつ丁寧に仕上げられたハンドメイドの食器が温かみを感じさせてくれるでしょう。

陶器の食器セットも人気なの?

せっかくのお食い初めという儀式をするのなら、離乳食用の食器で代用するにしても、立派なものを使いたいですよね。

そこで人気なのが陶器の食器セットになります。

やはりプラスチックのものよりは、高級感もありギフトで贈られる方も多いですね。

調理器具で人気のル・クルーゼもギフト用の食器セットを発売していますよ。

16000円~取り扱っていて、色は3色から選ぶことができます。パステルカラーがとても可愛らしく、お祝いにはピッタリといえるでしょう。

他にも優しい感じのクレヨン画デザインのものや名入れができる陶器食器セットが豊富にあるので、さまざまなショップからお気に入りを探してみるのも良いでしょう。

まとめ

お食い初めの食器は正式な形が決まっていますが、それにこだわらなくても良いのです。

お食い初めを家族だけでやるのか、親族も呼んで豪華にやるかによっても変わってくるでしょう。

また、お食い初めが終わったあとのことも考えて選ぶと良いかもしれませんね。

木製の漆器なら節句やお正月に使えますし、離乳食用なら実用的だと思いますよ。

さまざまな食器があるので、形にとらわれず目星をつけておくと、間際になって焦ることもないでしょう。