小学校卒業式で女の子にピンクのワンピースは派手? 黒のパンツスーツは暗すぎ?

桜がほころび始める季節までもう少し…。そろそろ、小学校を卒業されるお嬢さんの洋服を用意しないといけませんね。

ママとしては、卒業式以外の場所でも着られる無難な色を選びたいのが本音でしょう。

しかし、12歳の女の子の目から見ると「地味すぎだよ。ピンク色のワンピースが着たい。」という声もよく耳にします。

そうかと思えば「大人っぽく黒のパンツルックで行きたい!」という子も少なくありません。

そのような洋服を選んでしまうと「派手だわ!」や「地味過ぎ!」と感じられてしまうことってあるのでしょうか。

早速、見て行きましょう。

小学校卒業式で女の子にピンクのワンピースって派手かな?

基本的に卒業式は、先生やお友達とお別れする節目の儀式であり、お世話になった方々への感謝の気持ちを込めて参加する行事です。

そう考えると、グレーや紺などのダークな色合いの服を着ることがふさわしいとされています。本来ならば、ピンクをはじめとする派手な色は、お子さんでも控えるべきです。

しかし、今は小学校の卒業式の衣装も学校や地域により、かなりバラツキがあります。

場にふさわしい服装でと規制がある所から羽織袴での参加もOKという自由な学校もあるようです。

そう考えると、卒業式の衣装になんら制約がない場合には、お子さんが着たいのであれば着せてあげても問題はありません。

「目立ち過ぎるのはちょっと…。」と思われる時には、以下の3点に気を付けると、品良く清楚にトータルコーデできます。

  • 淡いピンクのワンピースを選ぶこと
  • ボレロなど羽織る物の色をグレーにする
  • アクセサリーやタイツ、靴の色を黒などの控えめな色にする

大切なのは、全身ピンク系で統一せずにシックに整えることです!

親御さんによっては「ウチの子だけピンクだったら嫌だわ!」と思われる方もいらっしゃるでしょう。

そのような時には、事前にママ友や前年度卒業された子をお持ちのお母様に相談されておくと安心して式に出席できます。

スポンサーリンク

小学校卒業式で女の子に黒のパンツスーツって地味かな?

黒という色だけを考えると「子供には地味過ぎだよね…。」と思ってしまいがちですが、そのようなことはありません!

ビジネススーツをついイメージしてしまうママも多いでしょう。

しかし、今はガーリーで可愛い上にスタイルまで良く見えてしまう子供用の黒のパンツスーツも販売されています。

ショート丈のパンツとセットアップされたデザインもあり、「パンツルック派」のお子様からの支持率もとても高いです。

選ばれる際のポイントとしては、

  • エンブレムが付いた制服のようなブレザータイプ
  • ノーカラータイプのジャッケット
  • 上着にフリルの縁どりがされているもの
  • パンツの長さ(ショート丈やアンクル丈)
と好みに合わせて、ちょっとした部分にこだわるとオシャレな黒のパンツスーツを見つけられます。

さらに、中に着るブラウスをフリルやリボン付きにしたり、カラーシャツにすることでイメージもかなり変わります。

ショートパンツのスーツを着る際には、カラータイツやフリル付きのソックスを選ぶと防寒対策を兼ねつつ、オシャレにも見えるので一石二鳥です。

さらに、髪型やアクセサリーで華やかさをプラスすることもお忘れなく!

ただし、スーツが黒ですので、センス良く見せるためにも靴は同じ黒の革靴を選ぶようにしましょう。

まとめ

小学生6年生の女の子、まして春には中学生になるのですから自分なりのオシャレに目覚めるのも当然です。

学校のルール違反にならない限りは、個性を大切にしてあげることも大切だと思います。

ただし、あくまでも卒業式ですからやり過ぎは厳禁です。

基本的なマナーに気を付けつつ、お気に入りの一着を選んであげて下さい。

すでに、ネットの卒業式用のフォーマルスーツを中心に予約が殺到しているサイトもあります。

気に入ったものがあっても「すでに売り切れてしまって…。」なんてことないように、早めに購入するようにしましょう。