小学校の卒業式で女の子に振袖や羽織袴はダメ?着せるならレンタル?

卒業のシーズンが近づいて来ました。

この季節、卒業式のコーデに悩まれるママも少なくないでしょう。特に、女の子の場合小6ともなると、とてもオシャレです。

最近では、広瀬すずさん主演「映画ちはやふる」の影響を受けて袴姿や和装で出席したいというお子さんも多いと聞きます。

ママ世代としては、「大学や短大の卒業式でもあるまいし、そこまでしていいのかしら?」と正直ためらわれる方もいるでしょう。

「かわいい我が子の言い分も聞いてあげたい…」と悩んでいるママのために…。

小学校の卒業式に、振り袖や羽織袴を着せて良いのかなどについてまとめさせて頂きました。

小学校の卒業式に羽織袴&振り袖はOK?それともNG?

2つのケースがありますので、見て行きましょう。

学校で禁止されている場合は、絶対にダメ!

公立小学校であっても卒業式の服装に指定がある場合も多いです。

例えば、進学先の中学校の制服の着用を義務づけられていることもあります。

また、明らかに派手すぎる格好も控えて下さいと事前に連絡されることも…。

このような時には、小学校のルールをきちんと守るようにしましょう。

振り袖、羽織袴は礼装なので卒業式にもOK!

特別なルールがない限り、小学校の卒業式にもこれらを着用できます。

洋服で言えば、スーツやワンピースはフォーマルな格好ですね。

これに当たる和装が、振り袖や羽織袴なので着て行かれても基本的に問題はありません。

ただし、やはり周囲の目も気になるものです。ご家庭により賛否両論あるのは、当然のことでしょう。

今は、次のようの意見の方も多く見られますので、参考にされて下さい。

小学校の卒業式に和装をするってどう思われる?

「小学生なのに華やか過ぎてどうかと思う。」という考えもあります。

しかし、逆に

  • 少子化の上にこの機会を逃したら袴を着せられない。
  • 卒業式に袴姿の子を見たけれども「華やかでかわいらしいかった。」
という意見も多いです。

考え方は人それぞれです。周囲を気にし過ぎずに、お子さんが望むのであれば、着せてあげるべきでしょう。

スポンサーリンク

ただし、いくつか気を付けるべき点があります。

次に見て行きましょう。

小学校の卒業式で和装をする上で注意点!

私も結婚式で着物を着ることが多いですが、普段着慣れないだけに思わぬトラブルにあたふたとすることもありました。

着崩れの心配

しっかりと着付けて頂いても上手い方とそうでもない人がいます。少し動いただけで、帯がゆるんでルーズな感じに見てしまうことも…!

そうかと言って、帯をきつく結わえると血行が悪くなり、式の途中で保険室行きということにもなり兼ねません。

着崩れをしないような動作を事前に練習しておくと良いでしょう。

また、お母様がこまめにチェックして直してあげて下さい。

トイレの心配

大人でも袴や着物を着ていると面倒くさいと思ってしまうのが、お手洗いです。

袴・着物・長襦袢・裾除けが左右に重なっており、和装初心者さんにとってなかなか難しいです。

本来はこれらを手でまくし上げて用を足しますが、お子さんでは無理かもしれません。

そこで洗濯ばさみを2つほど用意しておくと便利です。捲し上げたものを洗濯ばさみで帯にはさんで用をすませましょう。

また、袖が邪魔な時にも役立つので携帯しておくことをおススメします。

防寒対策をしっかりと!

最近では、お求めやすいポリエステル素材のものが多く出回っています。さらに、レンタルを利用される場合、ほぼポリエステルです。

生地が正絹よりも薄い上に季節もまだ3月なので、とても寒く感じることもあり得ます。

ヒートネックシャツやスパッツを中に着せて、万全な準備で式に臨みましょう。

さらに問題となるのが、振り袖や袴を購入すべきかどうかという点では、ないでしょうか。

次にその部分について見て行きましょう。

小学校の卒業式の振り袖や袴はレンタルすべき?

まだ新中学生という年齢を考えると、これから身長がまだまだ伸びる時期です。

さらに、年齢によっても似合うものとそうでない着物がありますからレンタルされるのが賢いです。

身長に応じて可愛らしいものから少し大人びた衣装まで選べます。

さらに、和装用の下着から巾着までフルセットで借りられ、送料無料でレンタルできるお店もあります。

オプションで草履やブーツも借りられるので、ご家庭で用意するものがなく便利です。

お値段の相場は、

  • 女の子の袴姿 ¥20,000〜¥40,000
  • 振り袖    ¥20,000前後

お店により値段に開きがありますので、予約が込み合う前に早めにレンタルするようにしましょう。

また、上の着物は七五三やお母様の物を利用し、下の袴だけレンタルすることも可能です。

まとめ

せっかくの卒業式ですから、悔いのない素敵な姿で参加されて下さいね。

ただし、羽織袴などの和装でという場合は、必ず学校に確認することを忘れないようにしましょう。

さらに、着付けの予約も早めにして事前の準備をしっかりとなさって下さい。

お母様もせっかくの機会ですから着物で参加されると、お子さんとの素敵な記念写真を残せますね。