上履きの名前を油性ペンで書いたら洗うとにじむ!にじまない方法は?

入園・入学準備で忙しいママ達。制服や体操服・お道具箱など全てに名前を書くのは大仕事。

その中でも特に悩むのが「上履きの名前書き」ではないでしょうか?油性マジックで上履きに直接名前を書くと、洗ったときににじんでしまいます。

そこで今回は、上履きの名前がにじまないようにする裏技を紹介しますので、是非参考にしてみてください。

水を使って上履きの名前のにじみ防止


最初にご紹介するのは、水を使ったにじみ防止法。必要なものは「水」だけ!一番簡単な方法です。

霧吹きなどを使って名前を書きたい場所を軽く湿らせてから油性ペンで書くとにじまずに書くことができます。

洗い終わって脱水した状態で名前を書くのも良し。上履きが乾けば、その後洗ってもにじみません。

なぜかというと、乾いた布にインクをつけると繊維と繊維の間にインクが浸透してしまいます。これを「毛細管現象」とよびます。

ということは、逆にあらかじめ濡らして繊維に水を含ませた状態で文字を書けば、繊維にインクが伝わるのをガードできるのです。

ヘアスプレーで上履きの文字のにじみを解消

これもまたとても簡単な方法で、使うのはなんとヘアスプレー。

さっとヘアスプレーをひと吹きして、しっかり乾かしてから油性マジックで名前を書きましょう。

ほとんどのヘアスプレーには「コポリマー」という成分が含まれていて、この成分が文字のにじみに聞くのです。

コポリマーという成分は繊維に入りこむとインクをはじくのでにじまずに書くことができます。

布類はペンが滑りにくく文字を書くのに苦労しますが、スプレーを吹きつけた部分はペンが良い具合に滑り、文字が書きやすくなるという利点もあります。

名前を書く部分の布の表面をヘアスプレーでコーディングするイメージですね。

白チョークを使う方法

上履きの名前を書きたい部分に白チョークを塗り、指で布を広げながら名前を書くという方法もあります。

家にチョークがある人は、是非試してみてください。

ボディーソープでも油性ペンのにじみを防げる

どの家庭にもあるボディーソープも、文字のにじみを解消するのに役立つグッツです。

名前を書きたい部分にボディーソープをまんべんなく塗り、ドライヤーで乾かします。

完全に乾いたら油性ペンで名前を書きましょう。

ボディーソープなら特別に買う必要もないので、簡単に試すことができますね。

スポンサーリンク

布書き用ペンが大役立ち

家庭にある油性ペンを使わずに、布書き専用の名前ペンを使えばにじみの悩みを一発解消できます。

わざわざ買うのももったいないから、家にあるもので解決したい気持ちは分かりますが、幼稚園や小学校などに行くお子様がいる場合、布類に名前を書く機会が多くなります。

上履きをはじめ体操着・ゼッケン・帽子・タオル・雑巾などあらゆる物に名前を書かなければなりません。

そこで名前書き対策に布用のペンを1本ストックしておくととても便利です。これ1本あればもう名前書きに悩むこともありません。

様々な会社からにじまない布用の名前ペンが販売されているので、いくつか紹介しましょう。

  • 油性マーカー 布書きペン(パイロット)
    にじみにくく洗濯にも強い布書き用油性ペン。極細・細字・太字の3種類から選べるます。
  • 名前ペン布用(呉竹)
    にじまず、布にきれいな字が書ける名前ペン。濃い色の布にもくっきり書けます。
  • おなまえマーカー(シャチハタ)
    一緒に売られている「布書きすらすらガイド」を使えば、布をしっかりおさえて滑らかに書くことができます。
  • にじみブロックペン(KAWAGUCHI)
    KAWAGUCHIから販売されているこのペンを使えば、普通の油性ペンでもにじむことがなく、その後の洗濯にも強くなります。名前を書きたい場所にまずこのにじみブロックペンを塗ります。透明なので布の色が変わることはありません。乾いたら市販の油性ペンで名前を書けばくっきりときれいに書けます。

上履きの洗い方に要注意

お子様が幼稚園や学校から持ち帰った上履きをどのように洗っていますか?

文字をにじませないためには洗い方、特に液体洗剤の濃度に注意しましょう。

液体洗剤を上履きに直接たらして、水をつけたブラシでゴシゴシ洗っているあなた。それ、大間違いです。

洗剤の濃度が濃すぎると名前がにじむだけではなく、かえって汚れが落ちにくくなることもあります。

種類にもよりますが、基本的には「バケツ一杯の水にスプーン一杯の液体洗剤」を目安にしてください。

作った洗剤液に一晩漬けてから洗えばゴシゴシこすらなくてもきれいになるので、にじみ防止にもなります。

番外編:名前シールはるだけで貼るだけでOK

アイロンで貼るタイプやシールになっているものなど様々な種類の名前シールがあります。

お値段は少し高くなりますが、ネーム入りのシールはオーダーして上履きに貼るだけ!にじみもなくきれいでかわいい仕上がりになります。

プリントできる名前シールもあるので、自分でデザインをして自宅のプリンターで印刷することもできます。

まとめ

いかがでしたか?これでお子さんの上履きの名前書きは完璧ですね。

知ってしまえば意外と簡単な裏技ばかりです。是非試してみてください。