安産祈願の日程が合わない!戌の日じゃなくても大丈夫?戌の日以外で良い日はある?


妊娠5ヶ月目の初めての戌の日に行うと良いと言われている安産祈願。

そうは言っても体調や仕事の都合で、その日にお参りに行けないことも多いです。

安産祈願って決められた日に、おこなわないといけないのでしょうか?

詳しくまとめさせて頂きましたので、参考になれば幸いです。

 

日程が合わない場合、戌の日に安産祈願に行けなくても大丈夫?


「どうか神様、子供が無事に健康に生まれて来ますように…。」と神仏へのお願いをするのが、安産祈願ですね。

しかし、安産祈願をしたから100%楽に子供を産めるかと言ったらそうとは限りません。
逆に、行けなかったから難産だったなんてこともないはずです。

結局は、気持ちの問題です!
安産祈願なんて一度も行かないまま、お子さんが何人もいらっしゃる方もいます。

また、神社に行けなくても「どうか無事に我が子の顔を見られるように…。」と心の中で願っています。常日頃からそう思っていれば大丈夫です。

大切なのは、神社にお参りに行くよりも、まずは自分の体調を優先すること!

体調が優れないのに外出して翌日病院に…なんてことになってしまったら元も子もありません。気分が落ち着いてから行くのがベストです。

でも…、そうは言われても行かないとやはり気持ちが悪いという方も多いでしょう。そこで、体調の状況や予定があって行けない場合、どうすれば良いのかについて見て行きましょう。

戌の日以外でも大丈夫!

5ヶ月目の最初の戌の日が良いと言い伝えられているだけです。

そのため、神社でも毎日安産祈願のご祈祷を暦に関係なく受け付けています。

自分の体調や家族のスケジュールに合わせて、お参りに行きましょう。

体調がなかなか優れずにどうしても行けない時は?


お腹のハリがひどかったり、つわりがひどく出産するまで入院を余儀なくする時もあります。

このような時には、お母さんやお姑さん、旦那さんなどが代理で行けば大丈夫です。

ただし、男性だと経験がないだけに戸惑われることも多いでしょう。

できるなら出産経験のあるお母様にお願いされる方が無難です。

スポンサーリンク

代わりの方にお願いする時には、「名前・住所・生年月日・出産予定日」を書いて渡しておくと祈祷の申し込みをする際にスムーズに行えます。

スポンサーリンク

戌の日以外だったらいつがいいの?


基本的にいつでも大丈夫です。

ご両親によっては「仏滅だからダメ。」や「○日は大安だからお参りすると良い。」と言われる方も多いと思います。

実は、神社やお寺は、共に神道と仏教の教えに従っているので「大安・赤口・仏滅…」などの六曜を気にする必要は全くありません。

しかし、こちらも気持ちの問題ですので「仏滅だから嫌だわ!」と思う時には、避けた方がいいでしょう。

また、神社によっては、日程により結婚式や神式の葬儀が行われていることもあります。

せっかく足を運んでも祈祷が受けられなかったら無駄足になってしまいます。

さらに、お参りはできても長く待たされてしまうことも…!

必ず行かれる際には、事前に神社に連絡しておくようにして下さい。

戌の日の安産祈願の由来

 


医学が発達した現在では考えられないことですが、昔はお産は命がけでした。

また、お産が原因で亡くなってしまう方も多かったのです。

犬は、子供をたくさん生みながらもお産が軽い動物!

そこで、「お犬様のようにお産が楽に安全に終わりますように!」と願いを込めて戌の日に安産祈願がされるようになったのが、はじまりと言われています。

犬は悪霊を追い払うという意味もあるそうです。

また、個人差はありますが、ツワリがほぼ治まって安定期に入ることから5ヶ月目に安産祈願をするのが良いとされて来ました。

まとめ


古くから日本に伝わるしきたりの一つ「戌の日の安産祈願」だけに、きちんとお参りしないといけないと思い込みがちです。

私も母やお姑さんから「もう5ヶ月目だから行かないと…。」と言われたのを覚えています。

しかし、ツワリが重いのを無理して行ったために、さらに体調が悪くなってしまうことに…。

私の経験からもそのような事になっては、大変ですし苦しむのは自分です。

体調を一番に考え無理をせずに、安産祈願の日程を組むようにしましょう。