旭川冬まつり2018年の日程や花火の時間!アクセス・駐車場・見どころなど

今年で、第59回目を迎える旭川冬祭り。澄み切った冬空に打ち上がる花火が、とてもきれいなことで人気です。

もちろん、道内の三大祭りだけあり、他にも見所たっぷり!

今から楽しみにされている方も多いでしょう。

今回は、2018年の旭川冬まつりのスケージュルやアクセス方法・見所などについて詳しくご紹介します。

2018年旭川冬まつりの日程は?

日程 :2018年2月7日(水)〜12日(月)

花火実施日:2月7日、11日、12日

時間 :9;00〜21;00
*ただし、最終日は20;00までとなります。

花火のスケージュル

数あるイベントの中でも、やはり一番の人気は花火です。花火の開催時間などについて見て行きましょう。

旭橋河畔会場で開催されます。

現在公式サイトで発表されている予定では、2月7日(水)、11日(日)、12日(月)の3回に渡り、花火が打ち上げられることになっています。

時間は、19;00〜となります。

 

夏場の花火はおおよそ演出が予想できますが、こちらは想定外の規模でその迫力のすごさは一見の価値ありです。

レーザー光線、プロジェクションマッピングによる雪像への映像と大掛かりな花火の演出がコラボして、とても美しく幻想的なので寒さもどこかに吹き飛んでしまいそう!

ただし、やはり冬の旭川、しかも夜ですのでしっかりと防寒対策をしましょう。

2018年旭川冬まつりの開催場所とアクセス

場所:石狩川旭橋河畔会場(メイン会場)
平和通買物公園会場(サブ会場)
*会場により催し物が異なるので、気を付けて下さい。
【平和通買物公園↓】

アクセス方法

旭川駅から会場までは、比較的近いです。まず旭川駅までの行き方を説明させて頂きます。

公共交通機関を利用して旭川駅まで行くには?

◎札幌〜旭川駅;
・電車 ; JR函館本線、特急電車で約1時間25分。
・高速バス;高速あさひかわ号利用で約2時間。

◎新千歳空港〜旭川駅:
JR千歳線快速エアポート利用で札幌駅まで約35分。
札幌駅からは、前述の「札幌〜旭川駅」を参照して下さい。

◎旭川空港〜旭川駅;
・電車; 旭川電気軌道空港線でおおよそ30分。
・バス; ふらのバスラベンダー号利用、約40分。

旭川駅から会場までのアクセス方法

旭川駅から往復ともに無料シャトルバスがあり、運行時間が9:30〜16;30です。20分に1本運行されます。

また、徒歩ですと平和買物公園会場まで約16分、旭川河畔会場については、おおよそ25分ほどです。

スポンサーリンク

車で行く場合のアクセス方法と駐車場

道央自動車道旭川鷹栖ICから旭川河畔会寿まで約11分、平和通買物公園会場までおよそ12分程。(途中、有料区間があり)

ただし、会場には無料の駐車場がありません。

近めの駐車場を載せておきます。

名前:タイムズ旭川昭和通8

【料金】
00:00-00:00 60分 200円
駐車後12時間 最大料金700円

【台数】
20台

ただし確実に混むので、旭川駅周辺に停めて、シャトルバスを利用する方がいいでしょう。

旭川駅周辺で大きめの駐車場を載せておきます。

名前:タイムズ旭川宮下通10

【料金】
00:00-00:00 60分 200円
駐車後12時間 最大料金800円

【台数】
37台

 

上の地図に旭川駅周辺の駐車場が何個か載っているので、混んでいる場合は他を探してみてください。

旭川冬まつりの花火以外の見所は?

大きな雪像(旭橋河畔会場)

自衛隊の方達が、約1ヶ月以上掛けて制作する雪像が素晴らしいです。スケールが大きいだけではなく、細部まで緻密に精巧に作られているので雪で作られているとは、思えません。

今年は、高さ10mに及ぶ雪の竜宮城がメイン雪像として披露される予定です。

浦島太郎のファンタステックな世界がどのように表現されているのか、今から楽しみですね。

氷彫刻世界大会(平和通買物公園会場)

氷彫刻大会は、日本で唯一開催される公式国際大会だけに見ておきたいスポットです。

なんと2日間(約40時間)に渡り、選手達がその腕を競う合うとのこと!

完成した作品は、旭川冬まつりの期間中展示され、夜間にはライトアップされます。昼間よりも夜の方が美しく幻想的な空間を楽しめるのでおススメです。

競技期間;2018年2月7日午後7時〜9日午前11時まで
展示終了:2018年2月12日午後10時まで

その他にも以下のような見所もあり、お子さんでも飽きずに楽しめます。

  • 雪で作られた巨大滑り台
  • アクティビティ体験
  • 雪像制作体験

冬マルシェでグルメも堪能しよう!

冬マルシェでは、例年約40店舗も飲食店が出店され、道内の美味しい物を頂けます。

ストーブが設置された休憩所もあり、お汁粉や海鮮汁をはじめホッとドリンクも販売されるので冷えきった体を温めるのには、モッテコイです。

ただし、人気のお店はかなり行列になるので覚悟しておきましょう。

気になるゲストは?

旭川冬まつりの楽しみの一つと言えば、ゲストにお笑い芸人が来ることです。

2016年は、とにかく明るい安村さん、2017年には、モノマネ芸人のホリさんと永野さんが来場し話題となりました。

2018年は、誰がお目見えするのかは現時点で未定です。

シークレットなだけに「誰だろう?」とより期待が高まります。

「シモシモ〜♪」のフレーズで有名な平野ノラさん当りかなと個人的には、予想していますが、どうでしょう。

防寒対策を!

冬の旭川は、日本一寒いと言われ、氷点下20度いう時も少なくありません。北海道観光のついでに立ち寄る際には、しっかりと寒さ対策をしましょう。

ダウンジャケットはもちろんですが、意外と寒いのが頭や耳!

帽子や耳当て、さらに手袋やマフラー、カイロなどの小物を使って体を冷やさないようにして下さいね。

まとめ

見所満載の旭川冬まつり!シーズ中は90万にもの人が来場する年もあったほどです。

土日や中心に平日でもかなりの混雑が予想されます。たっぷりと思う存分楽しめるように事前に予定をして出掛けるようにしましょう。

記念に残る良い旅行になりますように!