湯西川温泉かまくら祭2018年の日程やアクセス・駐車場など!見所も

湯西川温泉は、栃木県日光市の山奥にあります。ここでは毎年かまくら祭が開催されており、2018年で25回目になるのです。

かまくらやライトアップ、雪遊びが楽しめることから家族連れやカップルに人気のお祭りですよ。

2018年の湯西川温泉かまくら祭の日程やアクセス、駐車場から見どころまで詳しくご紹介しますね。

2018年湯西川温泉かまくら祭の日程は?

2018年1月27日(土)~3月4日(日)

各会場の時間が異なりなりますので、注意してくださいね。

・平家の里メイン会場 9:00~21:00(16:00に一時閉門し17:00に再び開門)

・湯西川水の郷スノーパーク 10:00~15:00(14:00最終受付)

・沢口会場(かまくらバーベキュー会場) 10:00~21:00

・沢口河川敷ミニかまくら会場 17:30~21:00(水・木はお休み)

・平家慈光寺会場 17:00~21:00

・プチかまくらとぼんぼりと雪だるまいろいろ街道18:00~21:00

・今渕会場(イルミネーション) 17:00~21:30

 

料金:1日利用券(9:00~21:00) 大人510円・小中学生250円

ナイトチケット(17:00~21:00) 大人小中学生ともに300円

30名様以上の団体様は100円引きになります。

湯西川温泉かまくら祭へのアクセス

車:日光宇都宮道路「今市IC」から約1時間10分

バス:野岩鉄道湯西川温泉駅から日光交通バス湯西川温泉行き乗車約30分「本家伴久旅館前」下車徒歩約6分

無料のシャトルバスも期間限定で運行されています。

湯西川温泉循環シャトルバス

1月27日~3月4日までのかまくら祭開催期間中、土日祝日のみ運行しています。停留所は、平家の里・湯畑・ポケットパーク・花と華・ホテル湯西川・湯西川水の郷です。

温泉街内を循環するバスなので、駅から会場まで運行しているわけではありません。

・10:00~18:00
・料金は無料
・定員24名のマイクロバス運行

鬼怒川温泉から無料シャトルバス

鬼怒川温泉旅館組合に加盟しているホテルや旅館にご宿泊の方は、申し込みすることができます。先着順で、定員になり次第締め切りです。

・かまくら祭開催期間中の毎週火曜と金曜
1月30日(火)・2月2日(金)・2月6日(火)・2月9日(金)・2月13日(火)・2月16日(金)・2月20日(火)・2月23日(金)・2月27日(火)・3月2日(金)の10日間

・19:00発 鬼怒川温泉駅前→20:00着 湯西川温泉かまくら祭会場→(1時間自由時間)→21:00発 湯西川かまくら祭会場→ 22:00着予定 各ホテル旅館

・鬼怒川温泉駅前に19:00までに集合

湯西川温泉かまくら祭周辺の駐車場

かまくら祭開催期間中は、平家の里とその他8ヶ所に駐車場が設けられます。

平家の里は50台ほどしか停めることができず、メイン会場に近いのですぐいっぱいになってしまいます。しかし、その他にも駐車場が多いので安心ですね。

臨時の駐車場はこちらの下の方にある地図でご確認ください。「P」と書かれています。

積雪や路面凍結がありますので、必ずスタッドレスタイヤを装着しましょうね。晴れている日でも気温が低く、凍結している箇所があります。十分運転には気をつけましょう。

スポンサーリンク

湯西川温泉かまくら祭の見どころは?

かまくら祭りにはさまざまな会場があり、1日中楽しむことができます。各会場の見どころや楽しめるポイントをご紹介します。

メイン会場・平家の里

かやぶき屋根の家のまわりにかまくらが立ち並び、幻想的な風景が広がっています。あちらこちらに施されたイルミネーションが光り輝く会場になります。平清盛生誕900年を記念しています。

湯西川水の郷スノーパーク

大きなかまくらや雪の滑り台、そり滑りで遊ぶことができる会場になります。お子さんを連れた家族でとてもにぎわいます。

料金:大人800円 小人500円(そり遊び代と水の郷観光センター入浴料を含む)

沢口会場

かまくらの中でバーベキューを楽しむことができます。家族や友達同士でワイワイ盛り上がることができるでしょう。バーべキューは事前予約が必要となりますので、以下をチェックしてください。

受付開始:2018年1月8日(月)~(10:00~15:00)
電話番号:沢口会場070-2612-9215
営業時間:11:00~16:00(ラストオーダー15:00)
定休日:毎週木曜日
料金:お一人様1500円とかまくら使用料1500円、受付は2名様からです。

沢口河川敷ミニかまくら会場

日本夜景遺産のライトアップがお楽しみいただけます。約1000個のミニかまくらがライトアップされ、暖かな光がとても幻想的ですよ。ロマンチックな景色を堪能することができるので、ぜひカップルで訪れるのもおススメです。

平家慈光寺会場

慈光寺は17:00になるとライトアップされ、雪景色の中に浮かび上がっているようです。近くには「平家そば志おや」というお店があり、おそばと甘味をいただくことができますよ。かまくら祭期間中は金曜と土曜の16:30~19:00まで営業中です。

雪のぼんぼりと雪だるま街道

人気キャラクターやお地蔵様などのさまざまな形をした雪だるまが並んでいます。湯西川温泉の商店街には、小さなかまくらの中でこたつに入ることができ、甘酒の無料サービスもやっていますよ。

今渕会場

かまくら祭期間中は、毎日17:00~21:30までイルミネーションが行われています。色あざやかな光がとてもきれいですよ。また会場内の「なかや食堂」ではそばとおにぎりの数量限定特別セットが発売されていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

イベント情報

かまくら祭をさらに盛り上げるイベントをご紹介します。イベントも合わせて楽しみましょうね。

かまくら平家鍋

かまくらの中でカレーライスやおでん、郷土料理のばんだい餅や味噌田楽などが味わえますよ。事前予約が必要になりますので、以下をチェックしましょうね。

受付開始:1月5日~
電話番号:0288-25-5311
営業時間:昼の部(11:00~15:00)と夜の部(17:00~20:00)
料金:お一人様1000円とかまくら使用料800円(45分)受付は2名様からです。

宇都宮餃子販売

1月27日(土)17:00~21:00と1月28日(日)11:00~15:00の2日間だけ、宇都宮名物の餃子が販売されますよ。寒い季節にあつあつの餃子をお楽しみいただけます。

平家琵琶や語り部

毎週水曜と木曜日の14:00~と19:30~の2回イベントを開催しています。歴史文化に触れ、地元方言による語り部をお楽しみいただけますよ。

まとめ

日本の冬ならでは楽しみ方ができるお祭りですね。かまくらの中で食べるお鍋やバーベキューは、体の心から暖めてくれます。

日本夜景遺産にもなっている1000個のミニかまくらの灯りも必見ですよ。友達や家族、カップル誰と行っても楽しめるお祭りではないでしょうか。