部屋干しが臭いのはなぜ?消すには漂白剤やお湯が良い?消す方法を解説

梅雨の時期や雨風の強い日などは、部屋干しすることになりますよね。

できれば晴れた日に洗濯したいのですが、溜まりに溜まった洗濯物をどうにかしなくてはいけません。

しかし部屋干しすると、悩まされるのが嫌なニオイです。なかなか洗濯物が乾かないので「生乾き臭」が部屋の中に漂ってしまいます。

そこで今回は、部屋干しのニオイの原因を探りたいと思います。嫌なニオイを防ぐ方法もご紹介します。部屋干しの嫌なニオイから開放されましょう。

部屋干しはなぜ臭いの?

 

部屋干しすると嫌なニオイがしますよね。それは、雑菌によるものなのです。

洗濯したのに、なぜ雑菌が繁殖し嫌なニオイを発生させてしまうのでしょうか。洗濯のときに落としきることができなかった「皮脂」や「あか」が原因になっています。

そんな汚れが変色したり栄養分となったりして、ニオイ物質(ニオイの元)が作られてしまうのです。ニオイ物質は「中鎖アルデヒト」「中鎖アルコール」「ケトン」「窒素化合物」「硫黄化合物」「脂肪酸」です。

部屋干しは、なかなか洗濯物が乾かないので生乾きの状態が続きます。この状態が菌をどんどん繁殖させてしまいます。乾くまでの時間が長ければ長いほど、菌を繁殖させてしまうことになるのです。

また外に干した際には日光による殺菌効果もありますが、その効果も部屋干しではありません。

まさに部屋干しは、嫌なニオイを発生させる状況が揃ってしまっているのです。

漂白剤やお湯がニオイに効果的なの?

 

嫌なニオイを防ぐには、雑菌の繁殖を抑えることが重要です。

そのためには汚れを落としきり、なるべく早く乾燥させることで嫌なニオイを発生させる原因物質を生成せずに済むでしょう。

汚れやニオイがひどい洗濯物は、40℃以上のお湯で洗うと落ちやすくなります。水で洗ったときよりも汚れが浮きやすくなるので、とても効果的な方法といえるでしょう。

また洗濯をする前に、洗濯物を熱湯につけおきしておく方法もありますよ。煮沸消毒という方法を聞いたことがありますよね。まさにその方法を使うのです。

熱湯につけておくことで雑菌を死滅することができます。行うときは、熱湯を入れても大丈夫な容器を用意することと火傷をしないように十分気をつけてくださいね。

洗濯物が冷めたら、そのまま洗濯機に入れて洗って干すだけなので、簡単ですよね。

 

生乾き状態が多いバスタオルや洗面所のタオル、使っていてなんか臭いと感じたときはありませんか?この方法ならそんなタオルに効果抜群ですよ。

漂白剤を使う方法もあります。洗濯した後に、粉の酸素系漂白剤で除菌しましょう。漂白剤は液体と粉のタイプがありますが、粉のタイプのほうが十分な効果を得ることができます。

まず50℃のお湯に漂白剤の粉末を溶かしましょう。その中に洗濯物を入れて1~2時間つけおきしておくだけです。その後、しっかりすすいで干してくださいね。

スポンサーリンク

 

部屋干し臭を防ぐ方法ってあるの?

部屋干し臭を発生させないようにするには、洗濯で汚れをしっかり落としきることが大切です

お湯や漂白剤を使った方法も効果がありますが、洗濯の根本から見直していくことも大切なのです。

洗濯槽の汚れ

 

 

洗濯槽の汚れって気にしたことがありますか?

洗濯機の中を覗いただけでは、汚れていると感じることは少ないでしょう。洗濯でいつも使っているから、洗濯機もきれいに洗われているはずと思っている人も多いのではないでしょうか。

実は定期的に、洗濯槽もきれいにしておく必要があるのです。洗濯槽が汚れていたら、いくら洗濯物を洗っても汚れがついてしまいますよ。

洗濯物に海苔のような黒いものがついていたことはありませんか?それが洗濯槽の裏側に溜まっている汚れなのです。

表面上はまったく見えませんが、見えない汚れが裏側にどんどん蓄積されていっていますよ。最近では、洗濯槽の汚れを落とす洗剤もあるので、意識してきれいにしておくと良いでしょう。

洗濯物は詰め込みすぎ注意!

いつも洗濯をするとき、どれくらいの洗濯物を入れていますか?

洗濯物は洗濯機の中で身動きが取れないと、まったく意味がありません。汚れを落としきることができないのです。

洗濯物は蓋いっぱいにぎゅうぎゅうに押し込むものではありません。だいたい7割くらいが目安だといわれていますので、注意しましょうね。

洗剤の量は?

洗剤の使い方を見てみると、使う目安の量が記されています。汚れがひどいから今日は洗剤を多めに入れようなんてこと、していませんか?

洗剤は多すぎても少なすぎてもいけないのです。目安の量をしっかり守ることで、最大限の効果を発揮してくれますよ。

洗剤が多すぎると、溶けきれなかった洗剤が洗濯物について雑菌に変わってしまうこともありますので、気をつけましょう。

部屋干し専用洗剤

 

最近では、部屋干しの悩みを解決するために専用の洗剤が登場しています。雑菌の繁殖を防ぐために、殺菌作用効果のある洗剤になります。

こういった便利なものを利用してみるのも方法の一つだといえるでしょう。

残り湯の活用

 

洗濯にお風呂のお湯を使うという人は、多いですよね。

洗濯するときにはまったく問題はありませんが、すすぎのときにはきれいな水道水を使うようにしましょう。残り湯には雑菌や汚れがあるので、せっかく洗った洗濯物に移ってしまいます。

洗濯物は溜めておかない

 

忙しくて洗濯ができなかったり、一人暮らしであまり洗濯物が出なかったりすると、洗濯物を溜めておくことが多いですよね。

しかし洗濯物を溜めておくと、それだけで雑菌の繁殖をさせてしまうのです。また時間が経てばたつほど、汚れも落ちにくくなりますので、できるだけ毎日洗う習慣をつけたほうが良いでしょう。

 

まとめ

部屋干しの悩みを解決するには、汚れをしっかり落としきることと早く乾燥させることがポイントです。

しっかり洗っているはずなのに、嫌なニオイが気になるという方は、洗濯槽や洗濯の仕方を改めて見直してみると良いでしょう。お湯や漂白剤を使って雑菌を死滅させる方法もぜひ試してみたいですよね。