いまさら聞けない「忖度」の意味とは?使い方や例文・反対語などを解説

今年ニュースで1番聞くことが多かった言葉「忖度」。

2017年ユーキャンが毎年発表する新語・流行大賞にも選ばれました。人気医療ドラマでも「忖度」という言葉が多く使われていましたね。

忖度の意味は何となく分かるような気がするけど、いまさら聞けないという状況ではないでしょうか?

ここでは「忖度」の意味や使い方を詳しくご紹介したいと思います。反対語なども一緒に解説しますよ。

忖度とは?意味を解説

「忖度」は「そんたく」と読みます。

この言葉の意味は「相手の心をおしはかる」です。

「おしはかる」という言葉は、「ある言葉を元にして推測する」という意味があります。

簡単な言葉に言い換えると「相手の心の中(言いたいこと)を考える」になるのです。

 

相手の表情や雰囲気、さまざまな言動から心の中を読み取るということになりますね。

忖度はどういう場面で使うの?例文も紹介!

「忖度」には「相手が何を求めているのか考える」という意味があります。

ニュースで聞く言葉は「相手に責任を押し付けている」という悪いイメージがありますよね。

しかし本来は「相手に言われなくても、相手のことを思って行動する」という意味なので、良いイメージの言葉なのです。

「忖度」は使う場面によって、イメージが変わってくるということです。以下のように使うことができます。

例文を参考にしてみましょう。

  • 母親の気持ちを忖度した結果、家族の仲が今まで以上に深まった
  • 会社に忖度した事業プロジェクトは、大成功を遂げた
  • 取引先の意向を忖度して、計画を進めていくことになった
  • 彼女の気持ちを忖度して、プレゼントを選んだ
  • 忖度することによって、円滑な人間関係が築けることもある
スポンサーリンク

忖度の対義語や類義語は?

対義語は?

「忖度」「忖度する」に対する反対の意味を表わす対義語はありません。

「忖度」は相手の気持ちを察するという意味なので「相手の気持ちを考えない」「空気が読めない」という言葉が反対の意味になりますね。

類義語は?

「推測」「憶測」「はかり知る」などが当てはまりますよ。

「忖度」の語源って?

まずは漢字そのものの意味を考えていきましょう。

「忖」は「はかる」という意味を持っています。

この漢字の作りを見てみると、心を表わす「りっしんべん」とはかるという意味を持つ「寸」という文字でできていますね。

したがって「心をはかる」という意味になるので「相手の心を読み取る」ということになります。

次に「度」という漢字は「はかる」「ものさし」「わたる」という意味があります。

この漢字は「席(むしろ)」と「手で広げる」という意味でできています。

席とは藁(わら)で編んだ敷物のことをいいますので、それを広げて長さをはかるということになるのです。

「忖」と「度」2つの漢字を組み合わせると「心のものさしではかる」という意味だと考えると、分かりやすいと思います。

相手ははっきりと言葉には出さないが、相手の言動から気持ちを察するということになりますね。

または、相手の心の中にある本音を心のものさしで探っていくという解釈も正しいでしょう。

まとめ

今まで「忖度」という言葉はとても悪いイメージがありました。

そういう場面でしか使われているのを見ていないことも大きいですよね。

また「忖度」という言葉が広く知られるのは良かったのですが、そのきっかけが良くなかったのかもしれませんね。

しかし本来の意味を知ると、私たちの生活の中でも使える言葉だというのが分かりますね。

流行語に選ばれてから、会話やSNSなどで「忖度」という言葉が多く使われています。正しい意味を理解して、使っていくことが大事だと思いますよ。