Newニンテンドー3DSの口コミをガチで書くぞ!メリットやLLとの違いなど

任天堂の携帯ゲーム機「Newニンテンドー3DS」を購入したのでレビューして口コミを書いてみます。

こちらの機種が発売されたのはもう2年ほど前とはなりますが、なぜもっと早く手に入れなかったのかと思うほどに今では夢中になっています。

私はもともと昔から大のゲーム好きで物心がついた頃からファミコン、スーパーファミコン、プレイステーション…とゲームのハードが進化した過程とともに育っていきました。

ですが成人し社会人になると自然とゲームをする時間が減っていき、大好きだったゲームと触れ合う機会が一気に減りました。

そんな私がちょっとした気まぐれで購入したNewニンテンドー3DS。
それではNewニンテンドー3DSのメリットについてお話しさせていただきたいと思います。

Newニンテンドー3DSのメリット

Newニンテンドー3DS LLと違いカバーの着せ替えができる!

まずはなんといっても「カバーの着せ替えができる」という点です。

スマホやタブレットなどのように自分の好みに合わせて「きせかえプレート」と呼ばれるカバーを取り付けることができるのです。

この機能はNewニンテンドー3DS LLにはありません。自分だけのオリジナル3DSを作ることができるのは非常に魅力的ですよね。

私もオリジナルのカバーにきせかえてみました。素材がフェルトでできたカバーなので触り心地が良く気に入っています。

過去に発売されたファミコン、スーパーファミコンなどのソフトがプレイできる

スポンサーリンク

これはVC(ヴァーチャルコンソール)という任天堂のネットワークサービス「eショップ」から購入できるダウンロードソフトです。

VC自体はNewではない通常の3DSでも購入はできるのですが、スーパーファミコンのソフトはNew3DSシリーズでしかダウンロードができないのです。

子供の頃プレイしていた懐かしのソフトたちが手のひらでプレイできてしまう…

非常に素晴らしい時代になったなぁとしみじみ思います。

ダウンロードしたソフトは本体に内蔵されているmicroSDカードに保存されます。

VCのソフトは容量が少ないものが多いのでたくさんダウンロードしても問題はないと思いますが、別売りで16GBの大容量のものを購入してみるのも良いかもしれません。

圧倒的なシェア数でネットワークが充実

やはり任天堂というブランドはとても巨大なもので、ゲーム=任天堂というイメージをお持ちの方が非常に多いです。

そのため自然とプレイヤー人口は多くなります。そうなると次に面白いのは「そのプレイヤー同士がネットワークを介してつながる」ことです。

同じゲームをプレイしているユーザー同士で通信、対戦を行えるので、日本中のどこにいても同じ3DSを持っているもの同士コミュニケーションをとることが可能なのです。

これは私が幼いころに体験した「学校帰りに友人宅で集まり対戦ゲームをプレイする」ということがごく簡単に、そしてより多くの方と行えるということです。

現在ではニンテンドーSwichという新ハードが話題となり任天堂の名前はさらに大きくなっていると思います。

品薄で購入が難しいと嘆いているあなた、Newニンテンドー3DSもぜひ視野に入れてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です