【壁に耳あり障子に目あり】の意味や例文!反対語・類義語・語源など

「壁に耳あり障子に目あり」は、一度は聞いたことがある、ことわざだと思います。

しかし正確な意味を聞かれても、パッと答ることができる人は意外と少ないです。

今回は「壁に耳あり障子に目あり」の意味、例文について説明させて頂きます。

さらに、反対語、類義語、語源についても詳しく見て行きましょう。

「壁に耳あり障子に目あり」の意味は?

意味は「隠し事は、とにかく漏れやすいものだから気を付けなさい!」と注意を促す言葉です。

自分たちではコソコソとうまく隠しているようでも、壁に耳をあてて聞いている人もいるし、障子に穴を開けて覗き見されている場合もあるから、内緒話をする時には注意しましょうということです。

 

最近は、LINEでの失敗ネタをよく聞きます。

グールプ送信に設定しているのを忘れて、思わず個人的な内緒バナシをしてしまい、後の祭りなんてことも多いです。

実は私も同じような失敗を家族間でしてしまい、その後気まずい思いをした経験談があります。

やはり、どこでバレるか分からないので、嘘や隠し事をせずに生活するように心かけないといけませんね。

「壁に耳あり障子に目あり」の例文!どんな時に使えばいいの?

例文1;
Aちゃんには秘密だったのに、話しの内容が全てばれてしまった。
「壁に耳あり障子に目あり」とは、こういうことだなぁ…!
例文2;
どこでバレたんだろう?
内輪話だったのに、どこからともなく話しが漏れていたなんて…。
「壁に耳あり障子に目あり」ということわざがあるだけに、コソコソとはできないものだ。
スポンサーリンク

「壁に耳あり障子に目あり」の類義語

「壁に耳あり障子に目あり」と同じような意味を持つ、言葉がいくつかあるのでまとめてみました。

  • 石に耳あり
  • 垣に耳あり
  • こそこそ三里
  • 耳は壁を伝う
  • 闇夜に目あり
  • 昼には目あり夜には耳あり

似たような意味の言い回しは、その他にもいくつかあります。代表的なモノを記載させて頂きました。

「壁に耳あり障子に目あり」の反対語は?

  • 晴天白日
  • 清廉潔白
  • 明鏡止水

いずれの四字熟語も「人に隠していること事や行いが、何もない」という意味です。

また、

・一点の曇りもない
・嘘偽りがない

なども同じように、隠し事がないという点で反対語として使えます。

壁に耳あり障子に目ありの言葉の由来は?

2つあるので、それぞれ見て行きましょう!

1、『平家物語』のとある場面で、西行法師が平家の悪口を言うと、居合わせた人達が「壁に耳あり、おそろしおそろし」と言ったと、記載されています。

それは、当時の貴族や庶民の家の作りにも原因があり、次の語源にも大きく関係しています。

2、昔の住宅は、薄い砂壁で、各部屋の仕切りが障子だったため。

そのために、壁に耳を当てれば、隣の部屋の話しは丸聞こえのことも多く、指で障子に穴を開ければ、話しの内容が筒抜けでした。そこで、「壁に耳あり、障子に目あり」という、言い回しが生まれたのです。

まとめ

今は、障子もなかったり、防音性にも優れているので「内緒話が漏れるかも…。」なんて心配をする機会も減りました。

しかし、隠し事や嘘って後ろめたい気持ちになる上に、万が一バレてしまうとその後の人間関係にも影響します。

そのため、なるべく内緒話や隠し事は避けましょうね!