一人暮らしの炊飯器の大きさは3合や5合等どれが最適?そもそも必要性は?

進学、就職で来春から一人暮らしをされる方も多いでしょう。

炊飯器を購入する時にサイズで迷いますよね。大は小を兼ねるって言うから、大きいのにしようかな?

サイズが大きいと電気代も掛かりそうだし、何合炊きを選べば良いのか悩みます。

中には、「今は便利グッズもあるから炊飯器なんて邪魔だから必要ない。」と思う方もいるでしょう。

今回は「一人暮らしをされる方が、炊飯器を選ぶ際のポイント」とさらに、「必要性」について見て行きましょう。

米1合でご飯茶碗何杯炊けるの?

自炊経験がないと「お米1合で、どのくらいの量のご飯を炊くことができるのか?」が分からないですよね。

また、購入する際にも、これを知らないと選べません。

具体的に見てみましょう。

お米1合(150g)で、おおよそ330gのご飯が炊けます。

ご飯茶碗1杯が、約150gなので、1合で2食分です。

 

そのため、3合炊きは、6食分となり、さらに大きなサイズの5合になると10食分になります。

食事の量だけを見ると、一人の場合3合炊きで十分です。しかし、電気代や手間までを含めて総合的に考えると、5合炊きを購入する方がメリットが、あります。

5合炊きサイズの炊飯器を選ぶメリットは?

炊飯器は、加熱する際に電気代が掛かります。

分かりやすく、合数の違いにより光熱費を表にしてみました。

合数 炊飯にかかる電気代 保温1時間にかかる電気代
3合 2.55円 0.38円
5.5合 4.86円 0.40円

参考サイト:https://www.tainavi-switch.com

炊飯器のサイズが大きいほど電気代が高くなりますが、以下のようなケースの場合、どちらがコスパが良いかについて、考えてみましょう!

Aさん; 3合炊きで2日に一度炊飯する

Bさん; 5合の炊飯ジャーで10杯分作り、冷凍してレンジでチンする

 

正解は、Bさんです。

3合炊きでこまめに炊くよりも5合炊きで、10食分を作り、冷凍しておくほうが電気代を安く抑えることができます。

さらに5合炊きを選ぶことで、以下の4つのメリットもあります。

  • 内釜を洗うときや、お米を研ぐ際に欠かせない水道代も節約できる
  • 時間を効率良く使える
  • 忙しい時に主食のストックがあると便利
  • 炊きあがって、すぐに冷凍すれば保温代もかからない

また小さいサイズの場合は、炊き込み御飯を作る時に具材の分、内容量が増えるので「思った分だけ炊けなかった。」という話しも耳にします。

次に、美味しさの面を見て行きましょう!

スポンサーリンク

長時間保温したご飯と冷凍したもの、どちらが美味しい?

炊飯器の説明書には、

・24時間以上保温しないこと

・高温設定を利用する際には、12時間以内

と記載されていますが、これは機能性の面でしかありません。

美味しさを考えると、5〜6時間が限度と言われています。また、この保温時間は、ご飯を1度炊く費用に匹敵するのです。

まとめて炊飯し、冷凍しておいた方が、美味しくご飯を頂ける上に節約にもなります。

しかし、今はレンジでお米も炊けてしまう時代だけに、炊飯器なんていらないという若者も多いです。

そこで、炊飯器の必要性について見て行きましょう。

一人暮らしに炊飯器って必要なの?

炊飯器がいらない方は、以下のような人です。

・自炊を全くしない

・外食中心でご飯を炊く機会が少ない

 

次に、「ご飯ぐらいは毎日自分で作ろう!」という方について、見て行きましょう。

鍋やレンジでご飯をたった15分程で炊くことができます。

しかし、デメリットも多いです。

  • お米を浸透させるのに約30分、さらに水切りに10分と下準備に時間がかかる。
  • コンロを使用する時には、うっかり焦がしてしまうこともある。
  • 鍋やレンジだと、まとめて炊けないので光熱費が割高になる。
  • ガスコンロやレンジを使ってしまうので、他の料理を作ることができない。

そのため、自炊をして家計費を節約しようと考えている方には、炊飯器を購入することをおススメします。

まとめ

私も一人暮らし経験者だから言えることですが、学校やバイト、洗濯、掃除、買い物と思った以上に1日がとても忙しく過ぎて行きます。

賢く、コスパ良く、時間を有効活用することが、一人で暮らしていく上で必要ですよ。

ぜひ、ライフスタイルに合った炊飯器を選んで下さい。