七草粥2018年はいつ食べるの?いつ作る?朝・夜やいつからいつまでなのかも紹介

お正月が終わると、七草粥を食べるというご家庭も多いですよね。

何となくお正月終わりに食べるものだという意識はあると思いますが、具体的にはいつ食べれば良いのか、いつ作れば良いのか、分からないことも多いと思います。

七草粥を食べる正しい風習を知って身につけておきましょう。七草粥について詳しくご紹介したいと思います。

七草粥はいつ食べるのか?また朝・夜のどっち?

七草粥を食べるのは、松の内最終日にあたる1月7日です。

この日は「人日の節句(じんじつのせっく)」といって、五節句のうちの一つになります。「人日の節句」は文字の通り、人の日になります。

これは中国の前漢の時代に、元日は鶏・2日は犬・3日は猪・4日は羊・5日は牛・6日は馬という風にそれぞれの占いを立て、8日に穀を占って新年の運勢を見ていたことに由来しているのです。

そのため、毎年1月7日に食べることになっています。

他にも「七草」「七草の節句」「七種の祝い」などともいいます。2018年は1月7日(日)になりますね。

七草粥は、7日であればいつでも良いわけではありません。食べる時間帯が決まっているのです。

それは、朝食です。

7日は松の内が開ける日でもありますから、朝食に七草粥を食べてお正月飾りを片付けるというのが風習とされているのですよ。

七草粥はいつ作れば良いの?

1月7日の朝食に食べるということは、前日である6日の夜に七草を刻んでおく方がよいでしょう。

そして翌日7日の朝に粥を作って食べましょう。

朝からお粥を食べるのは少し違和感がありますが、昔からある風習なので、ぜひ七草粥をゆっくりと味わいましょうね。

最近ではスーパーに七草粥セットが売っているので、それを買ってくれば簡単にできるようになりましたね。面倒だとあまり作る人もいないかもしれませんが、これなら作りやすいので便利だと思いますよ。

また七草のルーツは7種類の若菜ですから、必ずしも春の七草でなければいけないわけではありません。

冷蔵庫にあるほうれん草や葱、ミツバなどの野菜でも良いとされていますよ。七草は苦手という方もお好きな野菜を入れたら食べやすくなるかもしれませんね。

七草粥はいつまで食べても良いのか?

一般的には7日の朝食べるものなのですが、夜に食べたり数日遅れてしまっても大きな問題はありません。

七草粥は7日の朝に食べることも大切ですが、食べること自体が大切なことなのです。

スポンサーリンク

いつから七草粥を食べるようになった?

七草粥を食べる風習は、日本古来のものだと思いますよね。実は中国から伝わってきた文化なのです。

中国には1月7日に「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」という7種類の野菜が入ったお吸い物を食べる習慣がありました。この習慣が平安時代に日本に伝わってきたとされています。

日本に元々あった「若菜摘み」という風習と結びついて、今の七草粥の文化ができたということですよ。

「若菜摘み」とは雪がまだ残る頃、芽吹いた若菜を摘んで無病息災を願い食べていたことです。

中国から伝わったばかりの平安時代は「七種粥」といって、米・小豆・簑米・稗・胡麻・黍・粟が入ったものでした。

鎌倉時代に若菜摘みで採った野菜を取り入れるようになると、セリ・ナズナ・ごぎょう・はこべら・ホトケノザ・すずな・すずしろに変化していったのです。

 

一般の人々の間で食べる風習が広まったのは、江戸時代といわれています。

七草粥に入れる春の七草とは?

小学校のときに、春の七草をみんなで読み上げて覚えましたね。春の七草は以下の通りになります。

  • セリ
  • ナズナ(ぺんぺん草)
  • ごぎょう(ははこぐさ)
  • はこべら(はこべ)
  • ホトケノザ(たびらこ)
  • すずな(かぶ)
  • すずしろ(大根)

七草粥を食べるようになった理由は?

1月7日の人日の節句は無病息災を願い、邪気払いをする日なのです。そのため昔は神様に供えてから家族みんなで食べて、1年の無病息災と五穀豊穣を願っていました。

しかし最近では、お正月の食事で疲れた胃を休めるためという理由がいわれています。

あえてお粥を食べるのは、消化しやすくて胃に負担がないと考えられているからなのですね。

昔はお粥に入れる七草の厄払いをしていたといわれています。1月6日の夜に七草と7つの調理道具を用意します。

歳徳神(としとくじん)と呼ばれるその年の恵方を向き、七草囃子と呼ばれる唱えごとをしながら、7回ずつ叩くのです。

計49回叩くことになっています。翌朝にお粥にして食べていたということですね。

まとめ

七草粥を食べる風習が一般の人々に広まったのが江戸時代ということは、まだあまり歴史が長いわけではないのですね。

最近では、なかなか朝が忙しくて昔からの風習をすべて実践できるご家庭は少ないと思います。七草粥を食べる理由を大切にしながら、いつまでも残していきたい風習ですよね。

お正月には、何かと人と集まる機会が多く暴飲暴食になってしまいがちになります。

1月7日の朝食に七草粥を食べて、お正月で疲れてしまった胃を労わり家族みんなが健康で無事1年を過ごすことができるように願いたいものです。