どんど焼きで安産祈願や普通のお守り・お札は燃やして良い?ダメなものは?

お正月飾りをお焚き上げしてくれる「どんど焼き」。

お正月飾りや神社仏閣で頂いたものなら何でも持ち込んでも良いのでしょうか?

どんど焼きに持っていかないと、毎年毎年溜まっていってしまい、処分に困ることもありますよね。

何となくしか知らない「どんど焼き」について、詳しくご紹介したいと思います。

どんど焼きで燃やしても良いものは?

どんど焼きは、神様を天にお返しする行事であるため、お守りや古いお札を燃やしても良いとされています。

基本的には、お守りやお札を頂いた神社にお返しするようにしましょう。

厄除けや安産祈願のお守りもどんど焼きで燃やすの?

厄除けや安産祈願のお守りなど特別なものは、どんど焼きでは歳神様を帰す行司であることもあるので、頂いた神社やお寺に納めるようにしたほうが良いですよ。

どんど焼きで燃やして良いものは、注連縄・門松・正月飾り・だるま・書初めです。

素材の観点からは、紙や木やわらでできているものに限ります。

どんど焼きで燃やしてはいけないものもあるの?

神社によっては、お正月飾り以外は、持込が禁止されているところもありますので確認してみましょう。

お正月飾りにおいても、ビニールや金属がついているのであれば外して持っていくようにしましょう。

燃やして良いもので紹介した「だるま」も地域によって考え方が異なりますので、注意が必要ですよ。

縁起物なので燃やして良い所と、だるまを燃やすと目が潰れるから燃やしてはいけないと考えるところがあるのです。

またぬいぐるみも人形供養といって神社などで供養してくれますが、どんど焼きでは燃やすことができません。

化学繊維でできていますし、人形供養の機会に持っていくようにしましょう。

どんど焼きはいつどこで行われるの?

どんど焼きは、歳神様が天に帰るための火祭りの行事です。

小正月と呼ばれる1月15日に行われることがほとんどです。しかし、地域によっては14日や16日に行っているところもあります。

以前は成人の日で15日が祝日でしたが、最近は第二月曜日が成人の日に変わってしまいました。そのため、15日前後の土日に行われることが多いのです。

どんど焼きは、歳神様が家に来る目印とされる門松や注連縄などのお正月飾りを燃やします。

神社の境内に組んだ櫓(やぐら)や小屋の上に掛け積むのです。そのときに立ち上る煙に乗って、歳神様は天へと帰っていくことができるのだとされています。

神社のみならず、町内会や子ども会が主催となって行われる地方もあります。その場合は、田や畑に同じように櫓を組んで行います。この風習は全国で行われている行事なのです。

スポンサーリンク

どんど焼きの由来や意味について

どんど焼きの火にあたり、どんど焼きの火で焼いたお餅を食べると1年間健康に過ごすことができるといわれています。

また書初めを火にくべたときに、炎が高く上がると「字が上手になる」ともいわれています。

どんど焼きは、お正月飾りを処分するための行事ではなくて、歳神様をお見送りしながら、無病息災や五穀豊穣を願う行事だということです。

炎とともに見送ることに意味があるというわけですね。

お盆に行う「迎え火」や「送り火」と同じような「火祭り」の一つなのです。また注連縄を燃やした灰を持ち帰って家の周りにまくと、1年間は病気にならないともいわれていますよ。

どんど焼きという名前になったのには、諸説あるといわれています。

「尊(とうと)や尊(とうと)」と囃しながら、櫓で火を燃やしていたのが訛って「どんど」となったという説。

竹を燃やしたときに「どん」と始める音から名づけられた説。

どんどん火が燃える様子から「どんど焼き」という名前になった説などがあります。

 

またどんど焼きは「左義長(さぎちょう)」とも呼ばれます。

平安時代に左義長が宮中で青竹を束ねて、毬杖(ぎっちょう)三本を結び、その上に扇子や短冊を置いて陰陽師が謳い囃しながら、これを焼いていました。

その年の吉凶を占ったこの行事は、毬杖を三本結ぶことから「三毬杖(さぎちょう)」と呼ばれていました。

これが「どんど焼き」のはじまりだといわれている話なのです。その後、だんだんと庶民にみ浸透していきました。

どんど焼きに行けないときは?

頂いたお守りやお札を返したいのに、どんど焼きが行われる日は都合が悪くていけないという人もいますよね。

そんなときは、どうしたら良いのでしょうか。

納め所を利用する

大きな神社では、お守りやお正月飾りなどを返納するボックスやスペースを設けているところもありますよ。場所によっては、1年中受け付けてくれるところもあるのです。

納め所の前には賽銭箱があるので、お焚き上げ料を添えることになっています。お焚き上げ料は気持ちですが、一般的には注連縄の代金程度と考えると良いでしょう。

また小さな神社だと受け付けていないところもあるので、確認してみましょうね。どこの神社でもお焚き上げ料は必要になることを心得ていくことが大切ですよ。

自分自身で処分する

どうしても行けないときには、ごみ収集と一緒に処分する方法もあります。

その他の家庭ごみと一緒にするのは、やめましょう。

半紙に包んでお清めの塩をふりかけ、別の袋で出しましょうね。このとき感謝の気持ちを込めて、手を合わせると良いと思いますよ。

まとめ

1年間お世話になったお札やお守り、歳神様が来る目印になったお正月飾りです。

感謝の気持ちを込め、最後まで責任を持って返すことが大切ですね。

「どんど焼き」は平安時代が伝わる風習なので、これからも風習をしっかり守って伝えていきたいと思います。