一人暮らしの光熱費や水道代は東京の学生だと平均相場は?節約方法など

憧れだった一人暮らし。自由にできる分、生活費などのやりくりを自分自身でやらなければいけないなど大変なことも多いですよね。

一人暮らしの光熱費はだいたいいくらくらいかかるのでしょうか。東京の学生の平均を見ていきたいと思います。

他の地域と比べて東京の学生の生活費の負担は大きいのでしょうか。また光熱費を節約する方法も一緒にご紹介したいと思います。

一人暮らしの光熱費の東京の平均は?

電気代

東京の学生の一人暮らしの平均は、約3000円といわれています。

金額にバラつきがあり、1000円~10000円までとても幅広いのですが、平均するとだいたいこれくらいということですね。

部屋にいる時間、電化製品を使う頻度、ライフスタイルによってもだいぶ変わってくるところです。

ガス代

平均して3000円前後です。

最近の一人暮らしの部屋は、火事の危険を減らすためにガスコンロではなく、IHになっているところも増えています。

また築年数があまり立っていない新しい物件は、ほぼIHのところが多いです。その場合には、ガス代は減るのですが電気代がかかってしまいます。

ガスの代わりに電気代がかかっても、合計金額はあまり変わりません。

水道代

水道代はひと月おきに徴収されます。光熱費の中で1番かからずに済みます。平均では約1500円です。

水道代は上下水道が一緒になっています。料理やお風呂、トイレなど家で使う水すべてが水道代としてかかるということです。

水道代も電気代のように金額にバラつきがあります。1000円~10000円まで幅広いのですが、だいたい1000~3000円という人が多いと思います。

結局東京で一人暮らしする場合、光熱費合計の平均はどれくらい?

電気ガス水道代のすべてを合算すると、平均は7000円の予算を見積もっておけば十分でしょう。

光熱費は使う分だけ徴収されますので、寒くても暖房を使わない、シャワーのみでお風呂に入らないという人は合計金額が5000円ほどで済んでしまう人もいます。

反対に自炊をしている、ゆっくりお風呂に浸かる、すぐにエアコンを使ってしまうなどあまり気にしていない人は、10000円ほどかかってしまう人もいますよ。

スポンサーリンク

一人暮らしの光熱費を節約する方法!

光熱費は使った分だけ徴収されることになるので、できるなら節約して経費を浮かしたいですよね。

使っていない家電のコンセントをこまめに抜く、クーラーの温度を上げると節約になるなんて節約術を聞くことも多いですよね。

確かに光熱費の節約に効果がありますが、その節約方法は家族で暮らしている家庭向けのものです。

一人暮らしの人の節約術は、部屋にいる時間を少なくすることです。部屋にいるとテレビを見たり暖房をつけたりして何かと使ってしまいますよね。

しかし、外で過ごす時間が多いと光熱費を消費する時間も減るのです。公共の施設をうまく利用するのも良いでしょう。大学内の施設や図書館などです。

いくら外にいる時間が長いといっても、余計なものを買ってしまったら、何の節約にもならないので気をつけましょう。

電気代を節約したいと思ったら、電気会社を見直すことも考えましょう。集合住宅だと管理人さんが管理していて、個人的に変えることは難しいかもしれません。

しかし、電気会社を変えるだけで1年あたりかなりの節約になる場合もあるので、確認してみると良いでしょう。

東京の生活費はどれくらい高いの?

東京は物価が高いといわれていますが、実際のところはどうなのでしょうか。他の地域と比べて、生活費がかかるのでしょうか。

東京で高いのは、家賃です。都心に近い、駅に近い、急行電車が止まるなどアクセスが良いなどの条件の物件は、もちろん高くなりますよね。

家賃が高いのは、土地代がかかっているためです。駅前など土地代が高い場所のお店の物価は高くなってしまいます。

しかし食料品や生活用品などは、安く買える場所を選べば、地方とほぼ同じ価格で買うことができます。

東京での一人暮らしも安いお店を見つければ、地方と生活費はほぼ変わりません。

駅前のスーパーや外食などが増えると、生活費も高くなってしまいますので気をつけましょう。

生活費を把握することが大切!

学生のうちは、あまり自分の使っているお金を把握していないという人も多いのではないでしょうか。まずは自分の生活水準を知ることが重要なのです。

現状を把握すると、節約する習慣も身につきますよ。最近ではスマホの家計簿アプリも登場しています。アプリならいつでもどこでも確認することができますね。

最近の学生なら、ノートタイプよりも管理がしやすいかもしれませんね。予定を管理するような感覚で、毎月の生活費、食費、交通費などがいくらかかっているかを把握し、節約に努めていきましょう。

学生のうちからお金の管理をできるようにしておくと、社会人になってからも役立つことが多いと思いますよ。

まとめ

学生のうちは、できるだけ光熱費をかけたくないですよね。せっかく一生懸命働いてバイト代をもらっても、光熱費や生活費に消えてしまったら残念です。

できるだけ節約できるものは、節約していきましょう。

家計簿アプリで自分の生活費を把握することも大切です。節約したいと思ったら、まずは現状を把握するようにしましょうね。