退職届の用紙について徹底解説!サイズや枠線入り・横書き・売り場について

退職を決意したときに用意しなくてはいけない退職届。

何となくテレビで見たことがあるような気もするけど、どういう用紙を用意して良いのか分からないという人は多いはず。

用紙といっても、無地・色つき・罫線入り・絵柄入りなど種類も多く迷ってしまいます。

退職届の用紙のサイズや種類など徹底的に疑問を解決していきたいと思います。

退職届の用紙のサイズは?

 

 

退職届はA4かB5サイズの用紙を選びましょう。このどちらかのサイズであれば、まず問題はありません。

もし会社で指定されている場合であれば、必ずそれに従うようにしましょう。

どちらのサイズでも良いのですが、おススメなのはB5サイズです。

退職届は、あまり人の目に触れるべきものではありません。受け取った人も周りの人にできるだけ見られないようにしたいと思うものです。したがって小さいB5サイズをおススメしたいのです。

退職届は基本三つ折りにして封筒に入れます。このとき退職届の用紙サイズが小さいと、封筒もそれに応じて小さいものになります。小さくてスリムな封筒のほうが、受け取る相手に配慮しているといえます。

もしA4サイズの用紙がお手元にあるのであれば、わざわざ用意する必要はありません。しかし、退職届はコンパクトなほうが良いでしょう。

退職届の用紙は線が入った便箋でも良いの?

退職届に使用する用紙は、どのような用紙を使用すれば良いのでしょうか。

やはり一般的には、無地の白色の用紙だといわれています。退職届は無地の白色だと考えている人もいますので、白紙を選ぶことが最善だと思います。

コピー用紙ならその後も使うことができるので、とても便利でしょう。

コピー用紙を使っても良いの?と思う人もいると思います。事務的な印象を与えてしまうことが心配されますが、まったく問題ありません。むしろコピー用紙が無難だといえるでしょう。

退職届だからといって、立派な分厚い用紙を用意する必要はないのです。

白紙の場合、注意しなければならないのは字が曲がってしまうことです。白紙の便箋なら便箋の下に敷く線が書かれた紙が入っていることもあります。

コピー用紙の場合は、そういったものがなく注意が必要です。もし心配であれば、鉛筆で薄く線を書く方法もあります。

退職届の文字が曲がっていたらとてもかっこ悪いですし、いい加減な印象を与えてしまいかねません。手書きで作成するのなら絶対にまっすぐ文字を書くようにしましょう。

罫線入りの便箋を使用しても問題はありません。これなら文字がまっすぐ書けるというメリットもあります。ただビジネスでも使用できるものを選ぶようにしましょう。

色がついている便箋は退職届には向きませんので、気をつけてください。

また季節に応じた絵柄が入っているのも素敵なのですが、ビジネスには向きません。基本的に退職届は、白無地の用紙にしましょう。

 

コピー用紙と便箋、どちらを用意するか迷ってしまう場合には、パソコンで作成するときはコピー用紙、手書きの場合は罫線入りの便箋と区別しても良いかもしれません。

手書きの場合は特にまっすぐ文字が書けるかが重要になりますので、便箋を使用します。シンプルでビジネス向きの便箋は、何かと使えますのでこの機会に購入しておくと重宝すると思います。

 

スポンサーリンク

退職届は横書きでも良い?

 

最近では、書類やメールなどビジネスシーンでも横書きの文章を目にする機会が多いと思います。

横書きで書いてある文章のほうが読みやすいという人もいると思います。

それでは、退職届を横書きで書くことに問題はないのでしょうか。

退職届は、縦書きでも横書きでも良いことになっています。ただ退職届の内容の順番が縦書きと横書きの場合とでは、若干異なりますので気をつけましょう。

⇒縦書きと横書きの詳しい書き方はこちら

退職届の用紙はどこに売っているの?

 

コピー用紙なら手に入りやすいと思います。家電量販店や文房具屋・コンビニでも取り扱いがあるので、安心ですね。

ネットならさまざまな種類を比べることができるでしょう。Amazonなら退職届用のコピー用紙(退職届セット)も売っているので、とても便利です。

一度チェックしてみると良いですね。

便箋は文房具屋に行くと種類が豊富に揃っています。

最近では100円ショップでも便箋の取り扱いがあります。あまり便箋を使わないという方は100円ショップでも十分だと思います。履歴書用などとセットになった退職届用セットはありませんが、シンプルな便箋がおいてあります。

まとめ

退職届の用意は、用紙選びの段階からビジネスマナーがあります。どれにすれば良いか迷ってしまう場合は、1番無難なものを選ぶと失敗することがなくて安心です。

パソコンで作成する場合には問題がありませんが、手書きの場合には罫線入りの便箋を使用すると良いでしょう。

最後に職場に提出する書類なので、いい加減な印象にならないように気をつけたいですよね。文字をまっすぐ丁寧に書くことだけでも誠意は伝わるものですよ。

最後まで気を引き締めていくことを心掛けましょう。

⇒退職届や署名には手書きが必要?パソコンや印刷の場合の印象や書き方など