退職届や署名には手書きが必要?パソコンや印刷の場合の印象や書き方など

退職をする際に必ずと言っていいほど、必要になる退職届。退職届は、手書きやパソコンで作成するなどの決まりはあるのでしょうか。

パソコンで作成した場合には、手書きで署名や押印は必要なのでしょうか。

それぞれの退職届の印象や書き方についてご紹介します。

退職届は手書きでないといけないの?

 

退職届は、退職の意思を確実に伝えるものです。会社に提出し承諾してもらい、あとあとのトラブルを防ぐための書類なのです。

そのため、退職届は必ず職場に提出することになりますが、手書きやパソコンなどの決まりはないといわれています。

パソコンが普及するまでは、手書きで書くことが当たり前でした。テレビなどに出てくる退職届も手書きのものが多いですよね。

最近でも「退職届は手書きで書きましょう」とアドバイスをしているものもあります。しかし、パソコンで退職届が作成できるテンプレートもありますし、会社に決まったフォーマットがるというところもあります。

ビジネスマナーとしても、手書きでもパソコンでも良いということになり、どちらかがマナー違反ということはありません。

法律上でもどちらも効力があり、違いはないのです。また民法によると、必ずしも退職届を出さなくてはいけないという決まりはないです。退職に関する規定がはっきりと明記されていないので、口頭で退職の意思を伝えても良いということになります。

しかし、余計なトラブルを防ぐためにも職場から求められた際は、退職届を提出したほうが円満に退職することができると思います。

最後まで失礼のないように大人の対応を心掛けたいですね。

手書きの署名は必要?

 

特に退職届に関して手書きやパソコンなどの決まりは、ないとお伝えしてきました。

しかし、パソコンで作成した場合には、手書きの署名や押印を求められることがあります。それがないからといって、退職届として無効なのかといわれれば、そうではありません。法律上でもまったく問題がないのです。

しかし日本の社会では署名や押印があることで、正式な書類だと認められる習慣になってしまっています。

退職届作成のパソコンテンプレートにも、始めから日付や署名・押印をする欄が組み込まれているものが多いです。パソコンで作成したものでも、書名や押印があることで本人が作成したという証明になります。

手渡しで渡すのなら、本人確認をする必要がないのですが、郵送などで退職届を受け取った場合、本人が作成したかどうかの確認は、難しいですよね。そのときに署名や押印があると、本人確認をすることができるのです。

手書きの署名や押印がなくても問題ではありませんが、職場から求められた際は、応じるようにしましょう。

最後の最後でもめるのは、気持ちのいいものではありませんから。

手書きのほうが丁寧な印象?パソコンや印刷は?

 

パソコンで退職届を作成する人も多いのですが、やはり手書きのほうが丁寧な印象を受けるという担当者が多いです。

たしかに手紙でも同じことがいえますよね。印刷した手紙に手書きのメッセージが書き込まれていると、相手からの気持ちも一緒に受け取ることができます。またすべて手書きの手紙はとても温かみが感じられ、大切に取っておきますよね。

退職届は、お世話になった職場へ最後に提出する書類です。

手紙でなく書類なのですが、お世話になった気持ちを自分の字で表わしたいと思いませんか。最近は活字を見る機会が多いので、手書きの文字は新鮮で好印象かもしれません。誠意を持って退職の意思を伝えることも大切です。

退職届を提出してからも、退職日まではやり取りをしていかなければなりません。コミュニケーションを取っていかなければいけないのです。円満に退職するには、手書きでの退職届を提出するのも悪くないですよね。

パソコンで作成した退職届の印象は、どうでしょうか。

もし文字に自信がないという人は、パソコンで作成したほうが良いかもしれませんね。パソコンで作成した退職届のほうがきっちりとした印象を受ける担当者もいます。

正式な書類で手書きのものは、あまり見かけませんよね。手書きのように心がこもっている感じではありませんが、書類としてみればパソコンのほうが良いと思う人もいるでしょう。

スポンサーリンク

退職届と退職願の違いって?

名前も似ている「退職届」と「退職願」ですが、二つの特徴について知っていますか。

実は、根本的な違いがあるのです。それぞれの違いや特徴について知っておきましょう。

退職届

・退職が確定してから提出するもの
・退職の意思が固く決まっている
・一方的な会社への退職告知
・取り下げることが難しい

退職願

・退職する意思を会社に知らせるもの
・提出後も取り下げることができる
・円満退職をのぞむ会社との交渉

 

簡単にいうと退職届は「やめます」退職願は「やめたい」ということ会社に伝えるための書類ということですね。

名前は似ていますが、間違えて提出しないように気をつけましょう。

退職届の書き方|縦書きと横書きの違いなど

 

退職届には記入するべきことが決まっています。

退職届はダラダラと書くものではなく、必要事項のみをはっきりと記入するようにしましょう。

縦書きと横書きによって記入する順番が変わってきますので、注意しましょう。

縦書き

1行目・・・「退職届」
2行目・・・「私事ですが」
3行目・・・「この度は、一身上の都合により平成○年×月*日をもって退職させていただきます。」
・1~2行改行し、退職届を提出する日、自分の部署、氏名(氏名の1番下に押印)
・1~2行改行し、正式な会社名と代表者名

 

横書き

1行目・・・「退職届」
2行目・・・右端に退職届を提出する日付
4・5行目・・・左端に正式な会社名を書き改行して代表者名を書く
7・8行目・・・右端(提出する日付の真下)に自分の部署、改行して自分の氏名を書き押印する
・2~3行改行し右端に「私事ですが」
・次の行に「この度は、一身上の都合により平成○年×月*日をもって退職させていただきます」
・2~3行改行し、右端に「以上」

 

退職届は便箋1枚におさめます。全体のバランスを見ながら書いていきましょう。退職理由は、どうであれ「一身上の都合」と書くことが決まっています。

退職届を書くときに手書きとパソコンどちらでも良いといわれると、迷ってしまいます。退職届を用意する時間は、あまりありません。

会社の決まりに従って退職届を用意しましょう。特に決まりがない場合には、自分にとってやりやすいようでも良いと思います。

作成方法によって受け取る側の印象は変わりますが、お世話になった気持ちをこめて作成することが大切でしょう。

⇒退職届の用紙について徹底解説!サイズや枠線入り・横書き・売り場について